どうしたらもっと喜んで与える人になれるのでしょう?


質問: どうしたらもっと喜んで与える人になれるのでしょう?

答え:
喜んで与えることを学ぶには、この世が知る最も偉大な与える人である方、イエス.キリストについて研究することです。天の御国の富と栄光を捨てて、キリストは地上に来られて、ご自分のいのちを喜んで与えられました。そうして私たちがいのちを持つことができるようにされたのでした。 神は子供たちが 御子に似た者になるようにとあらかじめ定められました。(ローマ8:29)それで、キリストが与えられたように自分を捨てて与えることをキリストと競う以外に良い方法はないでしょう。 キリストご自身が,「受けるよりも与える方が幸いである」と言われました。(使徒伝20:35)簡単に言えば、喜んで気前よく与える一番の動機は、主を喜ばせ、私たちに与えられた救いの賜物を反映するためです。

コリント人への二番目の手紙は、私たちがもっと喜んで与える人になるのを助ける真理をいくつか現わしています。パウロが賢明にもコリント人たちに注意しています。「私ははこう考えます。少しだけ蒔く者は、少しだけ刈り取り、豊かに蒔く者は、豊かに刈り取ります。」(2コリント9:6) このいつまでも残る真理は、1000年以上も前にソロモンも言っています。「あなたの財産とすべての収穫の初物で、主をあがめよ。そうすれば、あなたのくらは豊かに満たされ、あなたあの酒ぶねは新しいぶどう酒であふれる。」(箴言3:9-10) .そして、キリストご自身も言われまhした。「与えなさい。そうすれば、自分も与えられます。人々は量りを良くして、押し付け、ゆすり入れ、あふれるまでにして、ふところに入れてくれるでしょう。、、。」(ルカ6:38) 実に、「幸せなことよ。情け深く、人には貸し、自分のことを公正に取り行う人は。」(詩篇112:5)

この原則は間違いなく明白です。-私たちは恵み深い創造主よりも多く与えることはできません。主への奉仕に差し上げればあげるほど、私たちはより多くを戻してもらえるのです。 事実、聖書の中で神が私たちに神を試してみよと言われる唯一の箇所は.マラキ3:10です。神は私たちが神への捧げものについて言われます。「、、、こうしてわたしを試してみよ。―万軍の主は仰せられる。―私があなたがたのために、天の窓を開き、あふれるばかりの祝福をあなたがたに注ぐかどうかを試してみよ。」 再度、ソロモンのことばもこれを繰り返しています。「ばらまいても、なお富む人があり、正当な支払いを惜しんでも、かえって乏しくなる者がある。おおらかな人は肥え、人を潤す者は自分も潤される。」(箴言11:24-25)

パウロが言ったように、「神は喜んで与える人を愛してくださいます。」(コリント9:7) 喜んで与えることは神の恵みを理解するクリスチャンにとっての生き方であるべきです。私たちが気前よく喜んで与える時、神は私たちのために守り、必要を備えてくださいます。(イザヤ書58:9;詩篇41:1-3;箴言22:9;2コリント9:8,11)私たちは喜んで与えるのは単に私たちの宝物だけではなく、私たちは神に喜んでお返ししなければならないということを覚えておかなければなりません。ダビデ王が指摘したように、すべては神から出た物で、(1歴代誌29:14)それには私たちの時間と同様に私たちの才能も含まれています。私たちの生きる日々が定められているので、(詩篇139:16)私たちの時間は神に属しています。 それに、私たちのどんな賜物も神から出たのです。それで、「それぞれが賜物を受けているのですから、神の様々な恵みの良い管理者として、その賜物を用いて互いに仕え合いなさい。」(1ペテロ4:10)

神が世を愛されたほどに与えてくださったのですから(ヨハネ3:16)神が気前よく与えてくださったので、私たちは救われたということを覚えておくといいのです。神の子供として私たちは、「世の光」になるようにと召されたのです。(マタイ5:14)私たちが自分の時間、宝、才能を気前よく与えることで、神を信頼し、尊敬する時、私たちは本当に人の前で光を輝かせているのです。そして私たちの善行は天の御父を輝かしく反映してるのです。

English


日本語のホームページに戻る
どうしたらもっと喜んで与える人になれるのでしょう?

方法を見つける...

神と永遠に過ごす



神からの許しを受ける