神はなぜカナン人、女子供も含めて絶滅/集団虐殺するようにと命令されたのですか?



 

質問: 神はなぜカナン人、女子供も含めて絶滅/集団虐殺するようにと命令されたのですか?

答え:
1サムエル15:2-3でサウルとイスラエル人に命令されました。「万軍の主はこう仰せられる。『わたしはイスラエルがエジプトから上って来る途中、アマレクがイスラエルにしたことを罰する。今行ってアマレクを打ち、そのすべての者を聖絶せよ。容赦してはならない。男も女も、子供も、乳飲み子も、牛も、羊も、ラクダもロバも殺せ。』」イスラエルが約束の地に侵入していた時、神は同じようなことを命令されました。(申命記2:34 ;3:6;20:16-18) 神はなぜイスラエルに、全民族、女子供も含めて絶滅させられたのでしょう?

これは難しい問題です。私たちには、神がなぜそのようなことを命じられたか、完全には理解できません。しかし、私たちは神が正義なるお方であることを信じています。そして私たちは主権のある、無限の永遠の神を完全に理解するのは不可能だと認めます。このような難しい問題を見る時、神の道は私たちの道よりも高く、神の思いは私たちの思いよりも高いことを覚えていなければなりません。(イザヤ55:9;ローマ11:33-36) 私たちは、神の道が理解できない時でさえ、心から神を信頼し、神に信仰を置かなければならないのです。

私たちと違って、神は未来をご存知です。神はもしイスラエルがアマレク人を完全に絶滅しなかったら、どんな結果になるか知っておられました。もしイスラエルが神の命令に従わなかったら、将来アマレク人は戻ってきて、イスラエルを悩ませたでしょう。サウルはアマレク人の王アガグ以外は聖絶したと主張しました。(1サムエル15:20) 明らかにサウルは嘘をつきました。―たった二十年後には、ダビデとその部下たちの家族をさらって行くほど十分な人数のアマレク人がいました。(1サムエル30:1-2)ダビデと部下たちがアマレク人を攻撃して家族を救出した後、400人のアマレク人が逃げ出しました。 もしサウルが主の命令に完全に従っていたら、このことは起こらなかったでしょう。 数百年後には、アガグの子孫ハマンがユダヤ人の全滅を図りました。(エステル記を参考)それで、サウルの不完全な従順のせいで、もう少しで全ユダヤ人の破滅という結果になる所でした。 神はこういうことが起こるのを知っておられました。それで、事前にアマレク人の絶滅を命令されたのです。

カナン人に関して、神は命令されました。「しかし、あなたの神、主が相続地として与えようとしておられる次の国々の民の町では、息のある者を一人も生かしておいてはならない。すなわち、ヘテ人、エモリ人、カナン人、ペリジ人、ヒビ人、エブス人は、あなたの神が命じられたとおり、必ず聖絶しなければならない。それは、彼らが、その神々に行っていたすべての忌みきらうべきことをするようにあなた方に教え、あなた方が、あなた方の神、主に対して罪を犯すことのないためである。」(申命記20:16-18)イスラエル人はこの任務にも失敗しました。そして神が起こるだろうと言われたことが起こりました。(士師記2:1-3;1列王記11:5;14:24;2列王記16:3-4) 神は残酷だからこれらの民の絶滅を命令されたのではなく、未来に起こるさらにひどい悪を防ぐために、命令されたのです。

これらの神の命令の中で、多分最も難しい部分は、神が子供たちの死さえも命令されたということでしょう。神はなぜ、無垢な(罪のない)子供たちの死を命令されたのでしょう? (1) 子供には罪がないのではない。(無垢ではない)(詩編51:5;58:3) (2) これらの子供たちは成人して、悪の宗教を信じ、親の習慣をするようになるだろう。 (3) 彼らの命を子供の時に取ることで、神は彼らが天国に行けるようにされた。私たちは子供はみな死んだら神の恵みと憐れみによって天国に入れてもらえると固く信じます。  (2サムエル12:22-23;マルコ10:14-15;マタイ18:2-4)

さて、この答えは、すべての問題を完全に取り扱ってはいません。神の道が理解できなくても、私たちは神に信頼することに焦点を合わせるべきです。それから、神がすべての事柄を永遠の観点から見ておられるということ、そして神の道は私たちの道よりも高いということも覚えておかなければならないのです。神は正義であり、義であり、聖なる、愛のあるお方、憐れみ深く恵み深いお方なのです。神の性質がどのように共に働くかは、私たちにはミステリーです。しかし、それは神が聖書が宣言しているお方ではないという意味ではありません。



日本語のホームページに戻る



神はなぜカナン人、女子供も含めて絶滅/集団虐殺するようにと命令されたのですか?