教会がキリストの花嫁だとはどういう意味ですか?


質問: 教会がキリストの花嫁だとはどういう意味ですか?

答え:
結婚のイメージと象徴的意義は、キリストと教会として知られるキリストのからだに適用されます。教会はイエス.キリストを自分の救い主として信頼して永遠のいのちを受け取った人たちで成り立っています。 花婿キリストは犠牲的に愛をもって教会を花嫁として選ばれました。(エペソ5:25-27) 聖書時代に結婚式まで花嫁と花婿が離れて暮らす婚約期間があったように、教会時代にもキリストの花嫁も花婿と離れて暮らしています。花嫁の婚約期間の責任は、花婿に忠実であることです。(2コリント11:2;エペソ5:24)キリストが再び戻って来られるとき、教会は花婿と結ばれて、正式の"結婚の儀式"が始まります。それと共にキリストと花嫁の永遠の結婚が実現されます。(黙示録19:21:1-2)

永遠の状態では、信者は新しいエルサレムとして知られ、また"聖なる都"とも呼ばれる(黙示録21:2と10節)天の都に出入りすることができます。 新しいエルサレムは教会ではありませんが、教会の性格のいくつかをとります。この世の終わりのまぼろしの中で、使徒ヨハネはその都が夫のために飾られた"花嫁"のように整えられて天から下って来るのを見ました。つまり、その都は栄光で輝いて、都の住民は主によって贖われて、聖と義の白い衣を着た聖なる清い人々であるという意味です。 ある人たちは9節を誤解して、聖なる都はキリストの花嫁だと主張しますが、それは違います。なぜならキリストは、都のためではなくキリストの民のために死なれたのですから。都は花嫁と呼ばれます。なぜなら花嫁は花嫁であるすべての人を含めるからです。ちょうどある学校の生徒みんなが時にはその"学校 "と呼ばれるのと同じように。

イエスキリストを信じる人はキリストの花嫁です。私たちは偉大な期待をもって私たちの花婿と結ばれる日を待っています。その時まで、私たちはキリストに忠実を保ち続けて、主に贖われた人みんなで「主イエスよ、来てください。」と言うのです。(黙示録22:20)

English
日本語のホームページに戻る
教会がキリストの花嫁だとはどういう意味ですか?