いのちの息とは何?



 

質問: いのちの息とは何?

答え:
神の天地創造のわざのクライマックスは人類の創造です「神である主は土地のちりで人を形造り、その鼻にいのちの息を吹き込まれた。そこで人は生きものとなった」(創世記2:7)。天地創造の神は人類を創造した際に二つの行動をなされました。まず、人を地のちりから創り出し、次にその鼻にいのちの息を吹き込まれました。これが人類を他の被造物とは異なった存在としたのです。

上の箇所には人の創造について重要な事実が三つ書かれています。一つ目は神が人を創造したという事で、人が他の生物から進化したとか、宇宙の神秘的力が人を創ったとかは書かれていないという事です。人のDNAの全ての細胞も原子の一つ一つも、人の体を形作っている全ての部分が人を創ったのではなく、それらも含め、神が人を創ったのです。

「形造る」と訳されているヘブル語の単語はヤツァルで、「形作る、練り上げる、形成する」という意味があり、陶器師がその作品を創作する様子を思い起こさせる単語です。神は人を創造するというご計画を持っていて、陶器師のように地のちりから人を創り出したのです。神は全知であり全能で、その御心の通りに事を行う力があるのです。

二つ目の重要な事実は神が人にいのちの息を吹き込まれたという事です。人はただのちり、または物理的な存在にすぎないわけではなく、たましいをもっています。アダムの体は神によってちりから創り出され、それはいのちのない人間の体だったのです。その人間の体に神は息を吹き込まれたのです。つまり、神がいのち直接人に与えてくださる源なのです。このいのちを与える息はヨハネ20:22でイエスが弟子たちに新しいいのちを与えるという形で再び紹介されています。

三つ目の重要な事実は創世記2:7に書いてあるように人は生きものとなった事です。ここで訳されているヘブル語の単語はネフェシュといい、「生命があり、息をしていて、意識をもった存在」という意味があります。人は神がいのちの息を吹き込まれるまで、生きものではありませんでした。生命があり、知識をもった霊的存在である人類は被造物の中でも唯一の特別な存在なのです。

では、いのちの息とは何なのでしょう?それは人を生きものとした神のいのちと力です。霊と訳されているヘブル語の単語はルアクで、「風邪、息、空気、霊」という意味を持っています。永遠に続く神のいのちが吹き込まれた人間は永遠に生きるようにと創造されました。ここで重要になってくる問いかけは、その永遠をどこで過ごすかという物でしょう。



日本語のホームページに戻る



いのちの息とは何?