聖書に書かれているつなぐ事と解く事の意味は何?



 

質問: 聖書に書かれているつなぐ事と解く事の意味は何?

答え:
つなぐ事や解く事はマタイ16章19節に書かれています「わたしは、あなたに天の御国のかぎを上げます。何でもあなたが地上でつなぐなら、それは天においてもつながれており、あなたが地上で解くなら、それは天でも解かれています。」この箇所でイエス様は特に使徒ペテロに、また他の使徒たちには間接的に話しています。これらの言葉でイエス様が意味しているのはペテロ本人が天の御国に入る権利があること、また与えられたかぎを通して権威がある事、また福音を伝える事がキリスト者達に対しては御国を開き、不信者達に対しては閉じる手段となる事でした。使徒の働きにはこれらの事が実際に起こった様子が記されています。ペンテコステの日の説教で(使徒2章14-40節)ペテロは天の御国への扉を開きました。「つなぐ」とか「解く」という表現はユダヤの法的によく使われているもので、何かを禁止したり解禁したりするために使われていました。

ペテロや他の使徒たちは福音と神の御心を伝えるというキリストの働きを継続する必要があり、キリストの持っていた権威を与えられたのです。マタイ18章18節にかかれているつなぐ事と解く事は教会戒規(かいき:罪をとがめ、教育すること)にも当てはまります。使徒たちは主イエスのキリスト者たちに対する権威を乱用することはなくても、戒規を行い、本当に必要ならば悔い改めない会員を除名する権威を持ち、施行したのです。

天に住まわれているキリストは御言葉にしたがった形で行われる事を喜ばれます。マタイ16章19節でも18章18節でも、ギリシャ語の文法を見るとその意味がはっきりしてきます。何でも地上でつなぐものは天においてもつながれていて、地上で解かれるものはすでに天でも解かれているのです。つまりはイエス様御自身が御言葉の権威を解き放ち、地上でそのご計画を果たすことを許されているのです。



日本語のホームページに戻る



聖書に書かれているつなぐ事と解く事の意味は何?