神は〝ビッグバン”の爆発を用いて宇宙を造られたのですか?



 

質問: 神は〝ビッグバン”の爆発を用いて宇宙を造られたのですか?

答え:
クリスチャンの中には、”ビッグバング”論に猛烈に反対する人もいます。彼らは、ビッグバン論は、神抜きに宇宙の起源を説明しようとする企てだと見ています。他の人たちは、神ご自身がビッグバングの爆発を起こしたとしてその論に賛成します。神はその無限の知恵と力によって、ビッグバンの爆発という方法で宇宙を創造する選択をすることもできたかもしれませんが、神はそうされませんでした。断定して言える理由は聖書がそのような方法に対して反対していることです。以下は聖書とビッグバン論が矛盾しているいくつかのポイントです。

創世記1章は、神が太陽と星を造る前に地球を造られたと言っています。ビッグバン論はその反対を要求します。 創世記1章は、神が地球、太陽、星、月、植物、動物、そして人間を一日24時間の6日の間に創造されたと言っています。 ビッグバン論は数億年の年月を必要としています。創世記1章では、神がすべての物質をことばを話すだけで創造したとあります。ビッグバン論は物質がすでに存在していたことから始まり、物質の最初の原因を全く説明していません。

創世記1章で、神がいのちの息を完全な人として造られたアダムの体に吹きかけられました。ビッグバン論は数十億年、数十億と言う状況のチャンスのを経て、やっと最初の人間が現れます。それに、最初の微生物が生きていない原子から、どのようにしてたまたま〝進化″したのか説明していません。聖書は、神は永遠で、物質と宇宙は永遠ではないと言っています。 ビッグバン論には違った種類の説がありますが、ほとんどが、宇宙も物質も永遠だとしています。創世記1章では、神の存在は当然だとされています。「はじめに神が、、」ビッグバンレオンの本当の目的は、神の存在を否定することです。



日本語のホームページに戻る



神は〝ビッグバン”の爆発を用いて宇宙を造られたのですか?