多くのクリスチャンは、なぜ一貫した聖書的世界観を持っていないのでしょう?


質問: 多くのクリスチャンは、なぜ一貫した聖書的世界観を持っていないのでしょう?

答え:
聖書的世界観とは聖書的観点からの世界に関しての総合的概念のことです。それは人生の意味、神の性質、真理の源、その他、根本的な考えに関するクリスチャンの信条の仕組みです。それなのに、多くのクリスチャンの世界観は聖書的に一貫していません。 ある問題を聖書的な観点から見ることもあるかもしれませんが、すべての問題に関してではありません。

クリスチャンが一貫した聖書的世界観を持たない理由の思われる可能性が多くあります。

1) 彼らは聖書が言っていることを知らない。みことばを知らない。例えば、聖書が人間の命の神聖さについて聖書が何と言っているかを知らない人は、その主題に関して聖書的な概念を持つことは困難です。聖書に関して無知な人には教育がカギです。

2) ある問題に関して聖書の言っていることを拒否する。もし自称クリスチャンが聖書の言うことを信じないなら、本当の聖書的世界観を持つことは不可能である。このように反対する人には悔い改めがカギです。

3) 神が自分のことをどう思われるかよりも世界にどう思われるかを気にしている。「人を恐れるとわなにかかる。」(箴言29:25)世界を聖書的な観点から見る信者は、自分がこの世の者でないことを認識している。イエスは言われた。 「もしあなた方がこの世のものであったなら、世は自分のものを愛したでしょう。しかし、あなたがたはこの世のものではなく、かえってわたしが世からあなた方を選び出したのです。それで、世はあなたがを憎むのです。」(ヨハネ15:19;ヨハネ17:14も参考) ). 信者がこの世の考え方に妥協し始めたら、神の観点に当てた焦点を失ってしまいます。恐れている人には勇気がカギです。

4) キリストに対しての献身がなまぬるい。ラオデキヤの教会のように、彼らは「冷たくも熱くもない」(黙示録3:15)キリストを支持する気がしないのです。なまぬるい人には献身がカギです。

5) この世の偽りに 影響されている。アダムとエバの時以来、サタンは人をだまして混乱させる能力を使ってきた。(創世記3:1-7;黙示録12:9)サタンの力強い武器は、聖書は単なる神話であって、間違いであふれているので信用できないという考えです。 サタンは聖書はもう今とは関連がない、その律法や原則は古臭いと人々に確信させたいのです。教会内でも多くの人はそのような考えに影響されてきました。 だまされている人には識別力がカギです。

6) 彼らは自分の状況に左右されて、神の約束を疑っている。マタイ14章で、ペテロが水の上を歩くために舟から足を踏み出したとき、ペテロは聖書的な世界観―イエスがすべての力の源であること―を表していました。しかしながら、ペテロは嵐で揺れる波に目を向けたので、彼の世界観は、もしかしたら、荒波の方がイエスよりも強いかも、、という考えに変わってしまいました。 疑う人には信仰がカギです。

一貫した聖書的世界観を持つには、聖書に戻って、神が私たちに約束されたことを確信しなければなりません。なぜならこの世は私たちに何も提供していないからです。(ルカ9:25;ヨハネ12:25;マタイ6:19)

English


日本語のホームページに戻る
多くのクリスチャンは、なぜ一貫した聖書的世界観を持っていないのでしょう?