聖書の預言が実際未来を予言することができるとどうやって信用することができますか?


質問: 聖書の預言が実際未来を予言することができるとどうやって信用することができますか?

答え:
聖書の預言を信頼することができる主な理由は、それが聖書の他の部分と同じく、宇宙の創造者によって私たちに与えられたからです。それは神の霊感によって間違いがなく完全で真理だからです。神は嘘をつくことができません。(テトス1:2)聖書の預言の信頼性は神の性質と知識に根付いているからです。 「『わたしは、終わりの事を初めから告げ、まだなされていない事を昔から告げ、わたしのはかりごとは成就し、わたしの望むことをすべて成し遂げる。』と言う。」(イザヤ書46:10)

聖書の預言は未来のことを予告します。そして未来の事件の肯定的、または否定的な結果は何かを説明します。預言は喜びや楽しみ、または恐れや悪い予感をもたらすことを知らせます。. 神の預言が無視されるとき、それはふつう聞く者が何らかの理由で聞いていることが気に入らないからです。聖書の預言はふつうそのことが誰かまたは何かにどのように影響を与えるか非常に特定しています。そして必ず信用できて私たちの完全な信頼 に価します。私たちは預言によって主に仕えるための導きを受け、私たちの人生を形造る助けとなるようにすることができます。預言は私たちのための力と教えの源であるべきです。 今日教会内でも教会外でもよく耳にする"予言″と違って、本当の聖書的預言は、必ず正確で綿密です。神が予言されたことは必ず起こるのです。(イザヤ書14:24)

創世記6章の洪水の預言はその例です。神は洪水の理由を説明して、いのちを守るためにノアに箱船を作る特定の指令を与えられます。それからこの世界的な大災害を起こされました。創世記37:5-10の ヨセフの夢にはヨセフの後の人生で成就する預言が含まれていました。申命記18:18は、「わたしは彼らの同胞のうちから彼らのためにあなた(モーセ)のようなひとりの預言者を起こそう。私は彼の口にわたしの ことばを授けよう。彼はわたしが命じることをみな、彼らに告げる。」と言っています。この預言はユダヤ人メシヤ主イエスを指し、使徒伝3:22に引用されています。 イザヤ書53章は、イエス.キリストについての疑いない預言を含んでいます。 イエスの幼いころ、そのミニストリー、罪を背負って苦しむこと、ご自分を犠牲として捧げられたことなど。 詩篇22章には、ダビデの叙述として表された主の苦しみについてのもうひとつの預言があります。

マタイ24章にあるような主ご自身の預言の中で、主は、戦争、飢饉、地震、迫害、背教、裏切り、そして最後にご自分の再臨などについて語られました。これらや、他の週末の預言は大洪水の警告と同じように信頼できます。同じような地殻の激変に関する予告はこれから起こることで、第2ペテロ3章と黙示録6-16節に出てきます。そして第1テサロニケ4:13-18では、クリスチャンはその困難の日から救出されることを約束しています。聖書の預言は、私たちに未来の道路地図を備えてくれます。 空中携挙の預言を理解しないことは神の最高の賜物の一つを見逃すことなのです。

神が私たちを愛し、そのひとり子を私たちに与えて下さったこと(ヨハネ3:16)を私たちは信頼することができます。さらに私たちはもちろん聖書の預言の著者として神を信頼することができます。 私たちの主は仰せられました。「わたしの父の家には、住まいがたくさんあります。もしなかったら、あなた方に言っておいたでしょう。あなた方のために、わたしは場所を備えに行くのです。」(ヨハネ14:2)それからあの恵みの確信を下さいました。「わたしが行って、あなた方に場所を備えたら、また来て、あなた方をわたしのもとに迎えます。わたしの居る所にあなた方をもおらせるためです。」(3節)これはすべてのクリスチャンの励みとなるべきです。

あなたの信頼を神の預言においてください。あなたの信仰を御子イエスの上に置くのと同じように。「神の約束はことごとく、この方(キリスト)において、『しかり』となりました。」(第2コリント1:20)

English


日本語のホームページに戻る
聖書の預言が実際未来を予言することができるとどうやって信用することができますか?