の文学にはどんな種類がありますか ?


質問: の文学にはどんな種類がありますか ?

答え:
聖書の最も興味をそそる事実のひとつは、神からの伝達である一方(マタイ5:17;マルコ13:31;ルカ1:37;黙示録22:18-19)人間がそれを書く過程の一部の役割をしたということです。へブル書1:1が言うように、「神は、昔、父祖たちに、預言者たちを通して、多くの部分に分け、またいろいろな方法で語られましたが、」 :いろいろな方法"には、様々な文学のジャンルが含まれています。聖書の人間の著者は、様々な時期に違ったメッセージを伝達するためにいろいろな形の文学を用いました。

聖書には、歴史的文学(第1、第2列王記)、劇的な文学(ヨブ記)、法律に関する書類(出エジプト記と申命記の多く)、叙情詩的歌(雅歌、詩篇), 詩(イザヤ書の大部分)、 知恵の文学(箴言と伝道者の書)、黙示的文学(黙示録、ダニエルの一部)短編(ルツ)、説教(使徒伝に記録されている) 演説と宣言(ダニエル書にあるネブカドネザル王の宣言など)、祈り(多くの詩篇)たとえ話(イエスが話されたもののような)、寓話(士師記:5-15でヨタムが言ったような)書簡(エペソ人への手紙、ローマ人への手紙など)が含まれます。

異なったジャンルが重なることもあります。例えば、多くの詩篇は、祈りでもあります。いくつかの書簡には詩が入っています。それぞれの文学のかたちには独特な特徴があり、十分考えたうえで、解釈すべきです。例えば、ヨタムの寓話(士師記9:7-17)は十戒(出エジプト記20:1-17)と同じ方法で.解釈することはできません。比喩やその他の詩的考案に頼る詩を訳すのは、歴史的物語りを解釈するのとは違います。

第2ペテロ1:21は、「聖霊に動かされた人たちが、神からのことばを語ったのです。」と言っています。今日の用語を用いると、聖書の編集責任者は聖霊でした。どのような文学のジャンルであろうとも、神が66巻のすべての書にその著者であるしるしをつけられました。 神が、書かれたみことばに息(霊感)を吹きかけられたのです。(第2テモテ3:16-17) 人間は、様々な形の文学を理解し、鑑賞する能力があるので、神は多くのジャンルを用いて人間にみことばを伝達されました。聖書の読者は収集の部分を統一する共通の目的を発見するでしょう。モチーフ,予示、繰り返される主題、 繰り返し出てくる人物などを発見するでしょう。その全部を通して、読者は聖書が世界で最も偉大な文学の名作―そして神ご自身のことばであることを知るでしょう。

English
日本語のホームページに戻る
の文学にはどんな種類がありますか ?