照明の聖書的教理とは何ですか?



 

質問: 照明の聖書的教理とは何ですか?

答え:
簡単に言えば、霊的な意味での照明とは、ある箇所を理解するために、“光を当てる。”ことです。神の啓示が新しい知識、または未来の出来事に関する場合、それは“預言”と呼ばれます。その啓発が、すでに与えられた知識を理解したり、適用したりすることに関する場合は、“照明”と呼ばれます。“神はどうやってみことばを学ぶ人の心を照明されるのか”という質問が出てきます。

啓発の最も基本的レベルは罪の知識です。その知識なしには、他のすべてが無意味です。詩篇18:28は,「あなたは私のともしびをともされ,主,私の神は私のやみを照らされます。」と言っています。聖書で一番長い章を持つ詩篇119はみことばについて歌った歌です。130節には、「みことばの戸が開くと、光が差し込み、わきまえのない者に悟りを与えます。」とあります。この節は神の照明の基本的な方法を確証しています。みことばが人の心に入るとき、光と理解を与えます。 この理由で私たちは神のことばを学ぶようにと何度も言われているのです。詩篇119:11は、「あなたに罪を犯さないため、私は、あなたのことばを心にたくわえました。」と言っています。98と99節は「あなたの仰せは、私を私の敵よりも賢くします。それはとこしえに私のものだからです。私は私のすべての師よりも悟りがあります。それはあなたのさとしが私の思いだからです。」と言っています。

みことばの学びを規則的にすると、人生の問題の導きと理解を得ることができます。これが、神の照明の第一の方法であり、私たちの初めの時点です。詩篇119には、神の照明のもう一つの典型があります。18節は、「私の目を開いてください。私があなたのみおしえのうちにある奇しいことに目を留めるようにしてください。」と言っています。ここで「奇しいこと」は新しい啓示ではなく、ずっと以前にすでに書かれたことで、ちょうど今、読者にわかったことです。同じように、73節は、「あなたの御手が私を造り、私を形造りました。どうか私に悟りを与えてください。私があなたの仰せを学ぶようにしてください。」と言っています。この願いは神の律法を個人的に適用するための願いです。この詩篇の中で15回も神にその律法を教えること、またはその理解を与えてくれることを願っています。

時々、照明に関して論争を招く箇所はヨハネ14:26です。「しかし、助け主、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊は、あなたがたにすべてのことを教え、またわたしがあなたがたに話したすべてのことを思い起こさせてくださいます。」イエスは自分の死の前に、最後の教えを与えるために弟子たちに話しておられました。この特別なグループの男たちはイエス.キリストの福音を全世界に広める責任がありました。彼らはイエスとともに3年半を過し、イエスが奇蹟を行われるのを見たり、教えを聞いたりしてきました。これらの教えを世界に伝えるのに、それを正確に覚えるために、彼らは神の特別な助けが必要でした。イエスは、聖霊が彼らを教え、彼らがそれを他の人たちに伝えるためにイエスの言われたことを思い出させてくださると言われました。この節は、使徒たちが福音書を書くのに神の特別な助けを得ると教えているのですが、すべての信者のために同じことをしてくださるとは教えていません。

では、信者のための聖霊の照明の働きは何でしょう?エペソ1:17-18は、聖霊は知恵とイエス.キリストに関する啓示を与え、理解する目を開けて、私たちが人生における神の目的を知ることができるようになると教えています。1コリント2:10-13では、神が、霊的なことを教える聖霊によって私たちのためのご計画を現わしてくださると教えています。この前後関係からすると、すでに啓示されたのは神のことばだということです。神の聖霊は、私たちを教訓するために、いつも私たちをみことばに向けさせてくださいます。ヨハネ16:12-15でイエスが弟子たちに言われたように、聖霊は父と子がすでに言われたことをただ繰り返すのです。この繰り返しが神がすでに言われたことを思い出し、完全にそれを聞くのを助けてくれるのです。私たちは時々、あることを実際に“聞く”前に、それを数回聞かなければなりません。 そこに聖霊が入って下さるのです。

照明に関する議論において時々見逃される一つのことは、その目的です。ある議論を聞くと、照明の目的の全部が、正確で学問的なみことばの理解に終わるように思えます。もちろん神が私たちに下さったことばを私たちが正確に理解することを神が願っておられることに間違いありません。ことばには意味があります。私たちはそのことばの詳細に注意を向けなければなりません。 しかしながら、事実を適用しないで、ただ事実を学問的に理解するだけでは誰の役にも立ちません。

詩篇119に戻ります。照明に関する節に目的となることばがあるのを見ることができます。「私があなたの奇しいわざに思いを潜めることができるようにしてください。」(7節)「私はあなたのみおしえを守り、心を尽くしてそれを守ります。」(34節)「私はあなたのさとしを知るでしょう。」(125節)「私を生かしてください。」(144節)照明は必ず、行動に向けさせます。なぜ神は私たちがみことばを理解するのを助けてくださるのでしょう?そうすれば私たちがみことばの光に照らされて生きることができるようになるからです。1ヨハネ1:6は私たちに挑戦しています。「もし私たちが、神と交わりがあると言っていながら、しかも闇の中を歩んでいるなら、私たちは偽りを言っているのであって、真理を行ってはいません。」次のように言い換えることができます。「もし私たちが悟りを得たと言いながら、未だに暗やみを歩んでいるなら、私たちはみことば の理解についてうそを言っているのです。」私たちがみことばを理解するのに光を投げかけてくださる聖霊は、その知識で持って、私たちがみことばの通りを生きるために導いてくださるのです。ローマ8:14は、「神の御霊に導かれる人は,誰でも神の子どもです。」と言っています。私たちの生活における聖霊の照明の働きは、私たちが実際神の子どもであることの確証なのです。



日本語のホームページに戻る



照明の聖書的教理とは何ですか?