聖書的創造論はなぜそれほど重要なのですか?



 

質問: 聖書的創造論はなぜそれほど重要なのですか?

答え:
なぜ聖書的創造論が重要なのかと問うことは、建物になぜ土台が大事なのかと問うようなものです。聖書的創造論はキリスト教信仰の土台(基礎)です。 キリスト教は、「初めに神が、、創造された」と言う創世記1章で成立しています。 この最初の節が創造論を確認させ、進化論(宇宙は〝ビッグバン”で始まり、常に進化しているという論)を奉ずるすべての見解に反対します。創造に関する見解は、私たちが神のことばを信じるか、またはその真理を疑うかを反映しています。クリスチャンとして、私たちは、創造論と進化論を区別しなければなりません。つまり、この二つがどう違うか、どちらが真理か、両方を信じることはできるかなど、これらの質問は、聖書的創造論とは何かを定義し、どのように私たちの根本的な信仰に影響するか考えると、答えることができます。

聖書的創造論の重要性は、人間の存在に関する根本的な質問に答えていることです。 1.どうやってここに来たか❓私たちはどこから来たか❓なぜここにいるのか❓ 何か目的があるのか、2.私たちのすべての問題の原因は何か❓罪と救いの問題は重要か❓3.私たちは死んだらどうなるのか、死後に命があるのか?創世記はこれらの質問の答えがある残りの聖書の基礎となる書です。 創世記は、聖書の錨となって霊的な生きた血を与えるので、木の根にたとえられています。もし木の根っこを切ったならその木は枯れてしまいます。 もし創世記を信用しないなら、聖書すべての権威的価値を取り去ることになります。

創世記1:1「初めに、神が天と地を創造した。」は、聖書的創造論とキリスト教信仰の基礎となる三つの偉大な真理を教えています。まず第一に神はお一人であること。これは偶像崇拝者の多神教と現代ヒューマニストの思想の二元説に対照しています。 二番目に神は人格があり、被造物以外の所で存在しておられます。これは 汎神論‐神が超越的ではなく、宇宙に内在するものと考えるの‐とは対照的です。最後に神は全能で永遠であること。これは人が崇拝する偶像とは対照的です。神は昔も今も未来にもいつもおられ、―神はことばを言うだけで、無からすべてを創造されました。これは私たちのはじめに関する質問に答えてくれますが、では、二番目の質問、私たちはなぜここに存在するのでしょうについては❓

聖書的創造論は、人類の状態についての質問に答えます。人間の堕落を扱っていますが、.贖いに関する希望をも残してくれます。 私たちは一人の人、アダム―文字通り、実際の生きた人間において―統-されていることを理解することが大事です。もし、アダムが文字通りの人間でなかったら、世界に罪がどのようにして入ってきたか、もっともな説明はできません。 もし、アダムにあって人類が恵みから堕落しなかったなら、恵みのゆえにイエス.キリストを通して 、人類が救われることはなかったでしょう。第1コリント15:22は、「すなわち、アダムにあってすべての人が死んでいるように、キリストによってすべての人が生かされるのす。」と言ってます。 この平行すること―アダムが堕落した人類のかしらで、キリストが贖われた人類のかしらであること―は救いについて私たちが理解するのに非常に重要です。 「こういうわけで、ちょうどひとりの違反によってすべての人が罪に定められたのと同様に、ひとりの義の行為によってすべての人が義と認められ、いのちを与えられるのです。すなわち、ちょうどひとりの人の不従順によって多くの人が罪人とされたのと同様に、ひとりの人の従順によって多くの人が義人とされるのです。」(ローマ5:18-19)

私たちは聖書的創造論を私たちの価値観の組織の基礎として見なければなりません。創造の物語はただの物語ではなく、事実でなければなりません。何故なら、もしそれが作り話だったとしたら、その価値は人間の理屈になり、人間が”進化”するにつれて変化し、それゆえ妥当でなくなるからです。科学と宗教(特にキリスト教)の衝突の基は、科学は事実で、宗教は思想だという推論です。もしそれが本当なら、私たちのクリスチャンの価値観は単にクリスチャンにとっての価値であって、この世とは何の関連もないことになります。

人間の最後の質問は、私たちは死んだらどうなるかです。もし人間が単に進化した宇宙の一部で、死んだら、土に戻るだけだというなら、私たちにはたましいも霊もなくてこの人生がすべてだという運命に甘んじなければなりません。 この考えには、唯一、私たちに残る人生の目的は進化の計画、つまり適者生存―しかありません。これに反して、キリスト教は超越した超自然的存在によって成立された道徳的善を私たちに提供してくれます。神の道徳は、個人的により良い生活を私たちに奨励するだけでなく、他の人をどのように愛するかを教え、最終的に私たちの創造主に栄光を帰す不変の基準を教えます。この基準はキリストがその模範です。私たちがこの人生で目的を見つけ、天国で神と共に過ごす未来の生活の希望を持つのは、キリストの生き方、死、そして復活を通してなのです。

聖書的創造論は重要です。それは人生の基本的な質問に答え、私たちよりも偉大な意義を私たちに与える唯一の信仰の組織だからです。すべてのクリスチャンにとって、創造論と進化論は互いに排他的で、相互、対立するものだということは明らかであるべきです。



日本語のホームページに戻る



聖書的創造論はなぜそれほど重要なのですか?