聖書は信頼できますか?


質問: 聖書は信頼できますか?

答え:
他の歴史の書を判断するのと同じ基準を用いると、聖書は信用できるだけでなく、他のどの書よりも信用できます。信頼度は写本の真実性と正確さの問題です。 歴史的に事実的に正しい書物で、時を重ねても忠実に保存されてきた物は信頼されるとみなされます。高いレベルで歴史的に立証され、伝達においてより確信されたものは、その古典が信頼に値するか否かを簡単に判断することができます。そういう方法によって、聖書が信用できるかどうか考えてみましょう。

他のどんな歴史的書物についても言えることですが、聖書のすべての詳細を直接確認することはできません。聖書の中に単に確認できない部分がある、またはまだ確信されていない部分があるというだけで、聖書は信頼できないと言うことはできません。 何が道理に合っているかと言うと、調べることができる点で正確だと思うことです。これは信頼性の主要なテストですが、これについて聖書には優秀な証拠の記録があります。多くの歴史的詳細が確信されただけでなく、以前は疑問だったある部分が、後に考古学によって証明されました。

例えば、1920年の考古学の発見によって、創世記11章に出てくるウルの町が存在していたことを確認しました。それまでは、懐疑者たちはそれほど前からウルが存在していたことを疑っていました。エジプトの墓の中から発見された彫刻 は副王の任命式を描いていますが、ヨセフの任命の儀式の方法の叙述(創世記39章)に、全く正確に合っています。紀元前2300年ごろの複数の粘土板が、シリヤで発見され、それらは旧約聖書の物語や語彙、地理などを強く支持しています。懐疑主義者たちは、ヘテ人(創世記15:20;23:10;49:29)の存在を疑っていました。完全な記録と共にヘテ人の町 がトルコで発見されるまでは。他にも多くの旧約聖書の事実が考古学上の発見によって支持されています。

それよりも重要なのは、旧約聖書と新約聖書に出てくるどんな事実も間違いだったとは示されていません。この歴史的信頼性は聖書の他の記事を私たちが信用するのに非常に重要なのです。

創世記で起こる〝奇跡的な出来事"でさえ、今日でも興味をそそる証拠となる土台があります。古代バビロンの記録は言語の混乱について述べていますが、聖書のバベルの塔(創世記11:1-9)の記録と一致しています。 同じ記録には、世界的な大洪水を述べていますが、世界中のあらゆる文化で文字通り何百もの形で同じ出来事を記録しています。 元ソドムとゴモラ(創世記19章)があった場所は、火による激しい破壊のあった証拠を示して、発見されています。 エジプトの災害とその結果の脱出(出エジプト記12:40-41)にさえも、考古学的支持があります。

この傾向は新約聖書にも続いています。多くの町の名前や政治的役人、出来事なども歴史家や考古学者によって何度も確認されています。ルカの福音書と使徒伝の著者ルカは、詳細に注目し、その記録に非常に正確で、一流の歴史家とみなされています。 旧約聖書と新約聖書は、両方とも、調べて分かることができる限りのところは信頼できることが証明されています。

聖書の信用性について、写本の正確性も重要な要素です。新約聖書の書物は、その出来事が起こってから二、三十年以内に書かれました。実際の歴史が伝記や神話にとって代わるにはあまりにも早すぎます。事実、基本的な福音書の構成はイエスの十字架刑の2,3年後にできた正式な信条に年代を定めることができます。第1コリント15:3-8のパウロの叙述によると。歴史家たちは非常に多くの写本を読むことができるので、新約聖書が信頼できて、すぐに写しができて、配布することができたということを証明することができます。これで、私たちが今日読んでいる聖書は原典を正しく代表していると充分に自信を持つことができます。

旧約聖書も同じく信頼できるほど正しく伝えられてきたことの証拠を示しています。1940年に死海の巻物が発見されたとき、それは当時の他のすべての写本よりも800年も古いことがわかりました。新しい物と古い写本とを比べると、伝達に対する非常に注意深い態度が現れていて、私たちが今日持っている聖書が原典を正確に代表しているという自信はさらに増すのです。

これらの要素はみな聖書が信頼できると考える客観的な理由を与えてくれます。それと同時に、私たちが他の歴史書を書くのに使う書を同じ要素で調べることは非常に重要です。 聖書にはもっと経験的な支持があります。原典と実在する写本との間が短いことです。それに、ほかの古典の写本よりもはるかに多くの写本があることです。

例えば、ジュリウス.シーザーの書いた物は10の写本しかありません。一番古い物でもシーザーが書いてから1,000年後、その写本がどのくらい正確に原典を代表しているか知る由もないのです。 歴史家ヘロドトスの書物の写本は8しかありません。古い物でも彼が書いてから1,400年経っています。考古学者たちが古代ギリシャの詩人ホメーロスの書いた物の写本643を発見していますが、原典と正確かどうかは95%信用できまます。

新約聖書は、現在5,000以上の写本があり、最も古い写本は原典が書かれてから200-300年後、中には100年後のもあります。これは原典の内容に99%以上の自信が持てることになります。

簡単に言えば、聖書は信頼できると信じる客観的な理由があるだけでなく、信用できないとするためには、私たちが知っている古代の歴史のほとんど全部を捨ててしまわなければなりません。もし聖書が信頼性のテストに受からないとしたら、その当時のすべての記録もテストに受かることはないのです。聖書の信頼性は、歴史的に正確なことおいいて、その伝達も正確であることにも証明されているのです。

English
日本語のホームページに戻る
聖書は信頼できますか?