聖書がただの神話でないことがどうしてわかりますか?


質問: 聖書がただの神話でないことがどうしてわかりますか?

答え:
聖書が神の心から始まったことは他のすべての書物の中で独特であるだけでなく、この地上のすべての宝物の中でも独特なのです。聖書には堕落した人類を贖うための永遠の計画が啓示されています。何十億という写本が世界中に配布されてきているにも関わらず、多くの人はその真理を疑い続けています。聖書は神話の書でしょうか、それとも本当に霊感を受けて書かれた神のことばですか?この質問は誰にとっても、本人がそのことを知っていても知らなくても、一番大事な質問です。

多くの宗教書は神からのメッセージを伝えていると主張しています。聖書はしかしながら、唯一それが神の記録されたことばであるかどうかについて絶対に疑いの余地もないようにして神が残されました。もし誰かが正直に努力して事実を調べてみれば、聖書全体を通して、確かに神のサイン(署名)を見ることができます。)すべての被造物をことばで存在させられたその口が私たちに聖書を与えられたのです。

神話と違って、聖書には歴史的枠組みがあります。その中に出てくる人物は、歴史的出来事の時、立証できる場所に住んでいた実在の人々です。 聖書はネブカデネザル、セネカリブ、クロス、ヘロデ、ペリクス、ピラト、そのほか多くの歴史的人物のことを述べています。その歴史は、エジプト、ヘテ人、ペルシャ、バビロン、ローマ帝国など、多くの国の歴史と一致しています。 聖書の出来事は、カナン、シリヤ、エジプト、メソポタミヤなどの地理的領域で起こっています。これらすべての証明できる詳細は聖書は単なる神話であるという考えを論駁しています。

神話と違って、聖書は、生物学、地理学、天文学、考古学などの科学で確認されています。聖書考古学の分野は前の一世紀半に発達し、その間、何十万にも達する先史時代の器物が発見されてきました。一つの例:一時、懐疑論者たちは、聖書に出てくるヘテ人の文化を聖書が神話に過ぎない"証拠"だとしていました。 その時の科学によると、〝ヘテ人″などという民族は存在しないと。しかし、1876年に発見のシリーズの最初の発見があり、今では古代ヘテ人の文化も存在は書類で証明されています。考古学は聖書の史的確実性を強め続けています。ヘンリー.M . モリス博士が言っているように、「今日、聖書に何かの点で間違いがあるということを証明する疑いのない考古学の発見は一つも存在しない。」のです。

聖書は神話と違って、歴史として書かれています。ルカは福音書を、「私たちの間ですでに確信されている出来事については、初めから目撃者で、みことばに仕える者となった人々が 私たちに伝えたその通りを」書きました。ルカは「すべてのことを初めから綿密に調べておりますから、、、順序を立てて書いて差し上げる」と言い、「それによって、既に教えを受けられた事柄が正確な事実であることをよくわかっていただきたい。」(ルカ1:1-4)と言っています。ルカはその記事に奇跡を含めていますか?その通り、多くの奇跡があります。しかし、それは目撃者たちによって証明された奇跡です。 二千年後に懐疑者たちはルカの記事を〝神話"だというかもしれません。しかし証明の責任は懐疑者たちにあります。記事そのものが注意深く調査された歴史的書類なのです。

神話と違って、聖書にはびっくりするほど多くの預言の成就があります。神話は預言などには構っていません。しかし、聖書の三分の一は預言です。聖書には8,300以上の節の中に700以上の異なる主題に関する預言が1,800以上もあります。旧約聖書にはイエス.キリストに関してだけでも300以上の預言があります。それらの預言の多くは驚くほど特定したものがあります。数々の預言はすでに成就しました。それらの預言は 、まさにその預言通り起こりました。誰かがこれほど多くの預言をしてそのすべてが起こるという数学的可能性は、人間的可能性の領域の光年をはるかに超えています。これらの奇跡的預言は、初めから終わりまでを見ておられる神の超自然的導きによってのみ達成することができるのです。(イザヤ46:9-10)

神話と違って、聖書は数えきれないほどの人の命を変えてきました。それなのに多くの人は他の人たち―真剣に聖書を学んだこともない人たちの考えで、自分たちの意見を固めています。私たちはみな自分で聖書を勉強する必要があります。 聖書をためして見てください。聖書の原則で生きて、自分で、この素晴らしい本の活動的、人を変える力を体験してください。赦しに関する聖書の教えを適用して、破滅した人間関係をどう修繕できるか見てください。 管理に関する原則を適用して、経済的状況が改善するのを見てください。 信仰についての教えを適用して、あなたの人生の困難な試練を乗り越えようとするときでさえ心が静まるのを感じてください。聖書は役に立つのです。世界中の様々な国で、クリスチャンが自分のいのちの危険を冒してまで、このいのちを与える素晴らしい書の真理を他の人々に伝えようとするのには理由があるのです。

最終的に、神と神の啓示された書を拒絶する多くの人は、傲慢、プライドのせいで、拒否するのです。その人たちは、個人的な信条、考えに投資してきたので、正直に証拠の重みをはかりたくないのです。聖書を真理として受け入れることは、神と神に対する自分の責任について真剣に考えることを彼らに要求します。聖書を真理として認めることは生活様式を変えることを要求されるかもしれません。 アーウイン.ルーツァ―牧師が言いました。「本当のことを言うと、心の広い人はほんの少ししかいないのです。特に 宗教のことに関しては。それで、誤った教理や偏見が世代から次世代へと簡単に伝えられるのです。」

毎年数百万人の人が聖書は真理ではないということに自分の魂を賭けて、聖書は神話の本でしかない、神は存在しないということに希望を置きながら死んでいきます。それは危険な賭けです。そして賭け金は非常に高いのです。 誰もが心を開いて聖書を読むことを強く勧めます。聖書をあなたに話しかけてもらってください。。皆さんが神のことばが真理であることに気付かれますように。(ヨハネ17:17)

English
日本語のホームページに戻る
聖書がただの神話でないことがどうしてわかりますか?