聖書を暗記することはなぜ重要なのですか?


質問: 聖書を暗記することはなぜ重要なのですか?

答え:
聖書を暗記することはクリスチャン生活にとって最も重要です。事実、聖書を暗記することは、多分、霊的成長と罪に勝利するために、唯一の最も決定的な要素と言えます。神のことばには力があります。なぜなら、みことばは文字通り、聖霊の心から「神の息吹、霊感」がかかっているからです(2テモテ3:16-17)。そして聖書を暗記してみことばで私たちの心を満たす時、私達には最も力強い霊的道具があるからです。

聖書を暗記すると、いくつかのことが起こります。詩篇119:11で、詩篇の著者が「あなたのみことばを」心に貯えたとあり、それは「あなたに罪を犯さないため」でした。彼はみことばを聞いたり、読んだりするだけではなく、将来使うために心に貯え(暗記し)ました。 神のことばは、罪と戦うための信者の唯一の力ある武器なのです。聖書の暗記によってみことばが心の中に置かれたとき、それは、敬虔と義に生きるために強い影響を及ぼします。へブル書4:12は、神のことばは、「生きていて力がある」と教えています。つまり、みことばは、それを黙想するとき、超自然的な力で私たちをよりキリストに似た者として形造るのです。神のことばを黙想する方法の中で、 暗記して心に貯えておくほど良い方法はありません。

エペソ6:13-17で、信者の魂の戦いと霊的に生き残るための武具について述べてあります。武具のすべての要素のうち、一つ以外は防衛のためです。唯一 攻撃のための武器は霊の剣 、神のことばです。(17節)イエスがサタンの攻撃に立ち向かうためにみことばを用いられたように(マタイ4:1-11)私たちも同じ武器を使うことができるようにならなければなりません。しかし、私たちがサタンのウソや欺きに立ち向かうとき、私たちが聖書を開いて適切な箇所を見つける時間をサタンはめったに与えてくれません。 聖書を暗記して、正しい真理と原則を頭に入れておくと、すぐにそれを思い出すことができて、私たちを滅ぼそうとする悪魔(1ペテロ5:8)に効果的に対抗することができるのです。 ローマ書12:1-2は、「心を一新」して、もうこの世と調子を合わせようとする考えに影響されることのないようにと勧めています。心を一新する唯一の方法は、心を聖書で満たすことです。

聖書を暗記することはすべてのクリスチャンの特権であり、責任でもあります。聖書を暗記するために非常に良いシステムがいくつかあります。特定の印刷された方法なしでも、誰でもクリスチャン信仰の重要なカギとなる聖句から始めることができます。―ヨハネ3:16、エペソ2:8-9など。―その聖句の上に別の聖句を付け足し続けることです。 新しい聖句を覚える前にすでに覚えた聖句を復習し続けることがカギです。 どんな方法にしろ、聖書の暗記の利益は、罪に対する勝利、 強められた信仰、クリスチャン生活にある喜びなのです。

English
日本語のホームページに戻る
聖書を暗記することはなぜ重要なのですか?