聖書は今日の社会にどれほどの影響があるはずなのですか?


質問: 聖書は今日の社会にどれほどの影響があるはずなのですか?

答え:
みことばが紹介されるところでは、いつもそこの文化に変化を起こしてきました。 一世紀のテサロニケでは、暴徒がクリスチャン数人を町の通りに引き出し、「世界中を騒がせていた者たちがここにも来た」と叫んで暴動を起こしました。(使徒伝17:6)

聖書が社会に影響を及ぼすことは正しいことなのです。聖書がその社会にいる個人に影響するように。

神は世界とそこに住む人間の創造主です。(創世記1章)最初から、神は世界と人間がある方法で"作動する"ように計画されました。 社会が神のくださった聖書にある原則に従わないと、生活はそれほどうまく行かないのです。神だけが、私たちの生活が最善の有益のためにどのように作動するかを洞察できる唯一のお方です。そして神だけがその知恵をみことばの中で分け与えてくださいます。聖書はへブル書4:12で"生きていて力がある"と述べてあります。これは、 一部分、それが最初に書かれた時と同じように今日でも適用できるという意味です。

国家が神を尊敬するとき、その国家はすべての神の被造物をも尊敬するようになります。神の尊敬がないところでは、社会は神の被造物を敬うことがなくなり、国民はその結果苦しむことになります。

初めから、人々には、神の道に従うかどうかの選択がありました。しかし、選択には必ず結果が伴います。旧約聖書のイスラエルの歴史は、神が与えられた社会的律法と戒めを記録しています。イスラエルが神の律法によって生きる時、社会はうまく作動しました。しかし、神の計画から外れると、彼らの社会は必ず下り坂になりました。 今日の聖書の影響を社会から取り除く、又は聖書的世界観に限界を与えようとする試みは、「私たちを造られたお方よりも自分たちの方がよく知っている。」と言う人間のプライドを現わしています。

そう言っても、これは古代イスラエルのような神権国家を作り上げるべきだというのではありません。あの時の政府組織の目的はある特定の時代とある場所のためでした。しかしながら、聖書を適切に理解すると、社会に対するその影響は、犯罪の減少、離婚減少、怠慢の減少、慈善がより多くなるという結果になる可能性があります。二番目のアメリカ大統領、ジョン.アダムスが書いています。「あまり遠くないある地域に国があって聖書だけをその国の法律の書物として、国民各自が聖書にある原則に従って行動したとします。すべての国民が良心において余儀なく、節制、節約、勤勉に迫られ、正義と親切、同胞に対する慈善、そして全能なる神に対する敬虔、愛、尊敬を示すようになるでしょう。なんというユートピア、またパラダイスにこの地域はなることでしょう!」(ジョン.アダムスの日記と自伝より)聖書は最も上手に述べています。「幸いなことよ。主を己の神とする、その国は。」(詩篇33:12)

English
日本語のホームページに戻る
聖書は今日の社会にどれほどの影響があるはずなのですか?