聖書の無誤性は原典だけに当てはまるのですか?



 

質問: 聖書の無誤性は原典だけに当てはまるのですか?

答え:
これは、本当に把握するのに困難な問題です。原典(使徒たちや預言者たちが書いた書)だけが、霊感と無誤性を神に約束されています。聖書は初めに神の霊感を受けて書かれたので、100%誤りがなく、正確で、権威があり、真理です。(2テモテ3:16-17) 原典の写本が同様に誤りがなく、または写本した人の間違いがないとは聖書は約束していません。聖書は、何千年の間に何千回も.写されてきたので、写本する人の間違いがあったことでしょう。

これをどう扱うべきでしょうか?まず覚えておくべき重要なことは、今日 ある聖書の写本は互いに99%一致しているということです。もちろん、少しの違いはありますが、聖書のテキストの広大な大多数が写本同士が全く同じです。ほとんどの違いは句読点、単語の語尾、ちょっとした文法の問題、ことばの順序などです。筆写者の間違いと簡単に説明できる問題です。重要な神学的、聖書的問題が疑問に陥るような仮定の間違いや矛盾はないのです。15世紀の聖書の写本は3世紀の写本と全く一致しています。私たちは今日の聖書は二千年前に使徒たちや預言者たちが書いた物とほとんど同一であると確信することができるのです。

二番目に、私たちは“ああ、あれは筆写の間違いだ。”とそうすぐに簡単に言うべきではありません。大多数の、全部でないにしろ、聖書の“間違い”は 論理的に信じられる方法で説明することができるのです。説明できない、または説明が非常に難しいもの―には答えがあるのかもしれませんが、ただ、今の時点では私たちにはわかっていないということです。解決法が見つからないからと言って、解決法が存在しないわけではありません。聖書の”間違い”だと思われるところを筆写者の間違いだと信じるのは、全く最後の手段でなければなりません。

それでも最終的に、私たちの現代の写本や聖書の訳に間違いが入り込んできた可能性はあります。筆写をする人や翻訳者は人間ですから間違いはあります。聖書が信じられないほど正確である事実は、神の霊感と保存の証しなのです。

それで、聖書は信じられるのでしょうか?もちろん絶対に信じられます。今日ある聖書の訳は神のことばです。今日の聖書は紀元1世紀 のときと同様に権威があります。聖書は今日の私たちへの神からのメッセージだと完全に信用できるのです。 聖書の霊感と無誤性の神の約束は直接には原典にだけ当てはまりますが、現代の聖書が 正確で権威あるかどうかということには影響はありません。みことばは、筆写する者や翻訳者の間違いが時々あるにもかかわらず、永遠に持続するのです。



日本語のホームページに戻る



聖書の無誤性は原典だけに当てはまるのですか?