聖書には資本主義についてどのように書かれているでしょうか?



 

質問: 聖書には資本主義についてどのように書かれているでしょうか?

答え:
辞書によると、資本主義は「資本財の個人的あるいは法人所有、個人的決断による投資の決定、また、主に自由市場での競争による価格、生産、物流の決定を特徴とする経済制度」と定義されています。聖書は資本主義に名指しで触れてはいませんが、経済的課題に関する記述が数多く見られます。例えば、箴言全体、及びイエスのたとえ話の多くが経済問題を取り扱っています。かくして、私たちは富に対する私たちの態度がどのようなものであるべきか、またクリスチャンがいかに財源を取り扱うべきかを学ぶことができます。聖書はまた、私たちの人間性についても説明しており、ある経済制度が社会において成功するかしないかという可能性を判断する助けとなります。

経済は私たちの日常生活の大部分がとり行われる領域なのですから、私たちはそれを聖書的観点から評価するべきでしょう。聖書を枠組みとするならば、私たちには、人類の潜在能力を解放しつつ、その罪深さを制限する経済や政治のモデルを構築し始めることができるのです。創世記(1:28)では、神は私たちが地を制し、支配するべきであると言っています。このことの一面として、人間がその支配権を振るうことのできる地所を所有できることがあげられます。私たちには意志も私有財産権もあるのですから、商品やサービスを交換することのできる自由市場で、これらの私有財産権を交換する自由があるはずだと想定することができます。

しかしながら、罪の影響により、世界の多くの地域が腐敗と欠乏の場になってしまっています。神は神の創造物に対する支配権を私たちに与えてくださっていますが、私たちは自分たちの自由になる資源をうまく管理しなければなりません。歴史的には、自由企業制は最大限の自由を許し、これまでに考案されてきた経済制度のうちで最も効果的な経済拡大をもたらしてきました。それでも、クリスチャンは自分たちが資本主義を支持することができるのかどうか、しばしば疑問に思います。本質的に、自由資本主義制度においては自己関心が報いられます。が、福音でさえもが私たちの自己関心に働きかけるものです。なぜなら、私たちの永遠の運命が確かなものになるようにとイエス・キリストを私たちの救い主として受け入れることは、私たちの自己関心によるからです。

キリスト教的観点から言えば、私有財産の原理は私たちが神のかたちに似せて造られていることに基づいています。私たちには、市場システムで交換の可能な資産に関して、選択をすることができます。しかし、時には私有財産を得たいという望みが、私たちの罪深さから生じることがあります。相応して、私たちの罪の性質はまた、怠惰、怠慢、無精も生み出します。経済的正義は、各人が自分自身の生産性に責任を負うならば最大限に達成されうるというのが事実です。

歴史上、資本主義には数多くの利点がありました。それは潜在的経済力を解放し、また、多大なる政治的また経済的自由のための基盤をもたらしてきました。政府が市場を規制していない場合には、数々の企業活動に関与する経済的自由があります。資本主義はまた、多大な政治的自由ももたらしてきました。というのは、私たちが経済における政府の役割を制限すれば、他の領域における政府の作用範囲を制限することになるからです。最大限の政治的自由がある国家のほとんどには、たいてい多大な経済的自由があることは偶然の一致ではありません。

しかしながら、クリスチャンは資本主義のあらゆる側面を是認するべきではありません。例えば、多くの資本主義支持者は功利主義として知られている見解を持っています。それは聖書的な絶対原理の観念に反するものです。間違いなく、私たちはこの原理を拒まなければなりません。また、取り扱われるべき経済上、倫理上の問題などもあります。独占や、汚染の副産物といったような、資本主義に対する正当な経済批判がいくつかあるものの、それらは限られた政府規制によって抑制することができるものです。そして賢明に管理された資本主義の下では、著しい経済的繁栄と人民のための経済的自由が生み出されます。

資本主義に対する主要な道徳的議論の一つに、欲の問題があります。多くのクリスチャンが自由企業制について確信が持てないのはこのためです。資本主義を批判する人々は、この制度が人々を貪欲にすると主張します。しかし、そこで私たちは、資本主義が人々を貪欲にするのか、それともすでに私たちの間には自分たちの目的を遂げるために資本主義制度の経済的自由を利用する欲深い人々がいるのかを問わなければなりません。聖書による人間の性質に関する記述(エレミヤ書 17:9)を踏まえると、後者の方がより適切であるように思われます。人は罪深く利己的であるために、自分たちの欲を満たすために資本主義制度を利用しようとする人たちが出てくるのです。けれども、それは資本主義への批判と言うよりはむしろ、人間のありようについての認識であると言えます。資本主義の目的は悪人を変えることではなく、悪人から私たちを守ることです。資本主義というのは、悪人による危害を最小限に抑え、善人に良い働きをするための自由を与える制度なのです。資本主義は個人個人が完全に道徳的であるときに上手く機能しますが、人々が利己的で貪欲であってもまずまず機能するものです。

自己関心と利己心には違いがあることを認識するのは重要なことです。すべての人は、利己的ではない方法で作用することのできる自己関心を持っています。例えば、私たちが家族を養うことができるように職に就いて収入を得ることは、私たちの自己関心によるものです。私たちには、利己的ではないやり方でそうすることができます。対照的に、社会主義のような他の経済制度は、人間の性質に関する聖書的な定義を無視するものです。結果として、それは経済力の集中を許し、権力を少数の貪欲な人々に集中させます。大企業が私たちの生活に及ぼす影響について不平を言う人たちは、少数の政府官僚が私たちの生活のあらゆる側面を管理する社会主義という選択肢について考えてみるべきでしょう。

資本主義制度においては時には貪欲が明らかとなることがありますが、私たちはそれがその制度のせいではなく、欲深さが人間の罪の性質の一部であるためであることを理解しなければなりません。解決は経済制度の変更にあるのではなく、イエス・キリストの福音の力を通して人の心を変えることにあるのです。



日本語のホームページに戻る



聖書には資本主義についてどのように書かれているでしょうか?