聖書にはたとえ話がありますか?


質問: 聖書にはたとえ話がありますか?

答え:
たとえ話(寓話)とは、物語の中で、ある人物又は出来事が他の出来事、考え、または人々を代表して語られている話のことです。たとえ話は、文学の歴史を通して、よく共通に用いられる方法です。たとえ話は、あまり人気のない、または論争的な考えや政治的な批判、または権力のある人々を間接的に非難するために使われてきました。(例えば、ジョージ.オーウエルの'動物農場、ジョナサン.スウィフトのガリバー旅行記など。)別の時には、抽象的な考え、または霊的真理―それをわかりやすく把握させるために―を長い比喩で表現するために用いられています。(例えば、ジョン.バニヨンの´天路歴程'and Hannah Hurnard's Hinds' Feet on High Places).

聖書には、霊的真理を説明したり、のちに起こることを予告したりするために多くのたとえ話が含まれています。聖書の最も明確な例え話の例は、イエスのたとえ話です。これらのたとえの中で、人物や出来事が神の御国、またはクリスチャン生活についての真理を代表しています。 例えば、マタイ13:3-9の種まきをする人のたとえで、種といろんな種類の土は、みことばとそれに対する様々な反応を描いています。(18-23節でイエスが説明されているように。)

放蕩息子の話もたとえ話を用いています。この話では、(ルカ15:11-32)正当な資格のある息子は、ふつうの人;罪深く自己中心になりがちな人を代表しています。 金持ちの父親は、神を代表しています。息子の荒れた快楽主義の人生、そしてのちの貧困は不敬虔な生活様式のむなしさを代表しています。息子が本当に悲しんで家に帰る時、私たちは悔い改めの描写を見るのです。父親の憐れみと喜んで息子を再び迎え入れる所に、私達は私たちが罪に背を向けて、神の赦しを乞うときの神の喜びを 見ます。

たとえ話の中で、イエスは、抽象的な霊的概念(人々が福音に対してどう反応するか、そして神のあわれみなど)を関連できる比喩というかたちで教えておられるのです。これらの物語を通して、私たちは神の真理をより深く理解します。聖書の中の文学的形式としてのたとえの他の例は、黙示録12:1-6の竜と女のまぼろし、エゼキエル17の鷲とブドウの枝の話、そして多くの箴言、特に象徴的対句法で書かれているものなどが含まれます。

聖書の中で神が制定された伝統や儀式のいくつかは、"文字通りでないたとえ"とみなされるものもあります。なぜなら、それらが霊的真理を象徴するからです。例えば、動物の犠牲は、私たちの罪は死に値することを代表しています。祭壇に捧げられた身代わりとしてのいけにえは最後のいけにえキリストを予告します。キリストは神の民のために死んで下さるのでした。結婚の制定は、実用的な目的を果たしている一方キリストと教会の関係をも象徴しています。(エペソ5:31-32) 多くのモーセの儀式的律法(服装、食物、清い、または汚れたものに関する)は、信者が霊において行いにおいて未信者と違う必要があるということなどの霊的現実を代表しています。これらの例はおのおのがたとえとみなされないかもしれませんが(たとえにはいくつかの象徴が統一して働くことが要求されるので)旧約聖書の宗教的組織(部分的に新約でも)を人間と神との関係の広い意味でのたとえと見ることもできます。

興味深いことに、歴史的に重要な出来事―最初一見すると何も深い意味もないよう見えること―も時には後になって重要な教えをするために寓意的(比喩的)に解釈されています。この例のひとつにガラテヤ人への手紙4章があります。そこでは、パウロがアブラハム、ハガルとサラ の物語を古い契約と新しい契約のたとえとして解釈しています。パウロはこう書いています。「そこには、アブラハムのふたりの子があって、ひとりは女奴隷から、ひとりは自由の女から生まれた、と書かれています。女奴隷の子は肉によって生まれ、自由の女の子は約束によって生まれたのです。このことには比喩があります。この女たちは二つの契約です。一つはシナイ山から出ており、奴隷となる子を産みます。その女はハガルです。このハガルは、アラビヤにあるシナイ山のことで、今のエルサレムに当たります。なぜなら、彼女はその子供たちと共に奴隷だからです。しかし、上にあるエルサレムは自由であり、私たちの母です。」(ガラテヤ4:22-26)ここで、パウロは実際の歴史的人物たち(アブラハムとサラとハガル)を引き出して、モーセの律法(古い契約)とキリストの自由(新しい契約)の象徴として使っています。 パウロの比喩的なメガネを通して、私達には神との関係、―ひとつは自由(私たちは、イサクがサラにとってそうであったように、神の約束の子どもなのです。)奴隷ではない(イシュマエルがハガルにとってあったような肉的に奴隷の子供ではなく)―を見るのです。聖霊に動かされてパウロは、この歴史的な出来事の象徴的重要さを理解し、それを用いてキリストにある私たちの立場を描いてくれたのです。

たとえ話は霊的な事柄をわかりやすい言葉で説明する芸術的な方法です。聖書のたとえ話を通して、神は私たちが難しい概念を私たちにより関連した環境を通して理解するのを助けてくださいます。神はまた、歴史を動かし、ご自分の計画を予告し、成し遂げるために、ご自分を偉大な物語の話し手として現わしておられます。 私達には、私たちに理解できる方法で語りかけ、象徴やたとえ話を与えてご自分のことを思い起こさせてくださる神がおられるのです。これは大いに喜ぶべきことです。

English
日本語のホームページに戻る
聖書にはたとえ話がありますか?