聖書が神の息(霊感)がかかっているというのはどういう意味ですか?


質問: 聖書が神の息(霊感)がかかっているというのはどういう意味ですか?

答え:
第2テモテ3:16で、パウロは言っています。「聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。」 これは聖書の中で、ギリシャ語の theopneustos,(テオヌヌーストス)、"神の息がかかっている、神の霊感によって、神の霊感のゆえに"という意味で使われている唯一の箇所です。しかし他の聖書箇所も聖書が神の霊感によっているという基本的な前述の 意味を支持しています。

神の霊感において神の息の力が聖書には浸透しています。神はアダムにいのちの息を吹きかけられました。(創世記2:7)イエスは、「彼らに息を吹きかけて言われた。(『聖霊を受けなさい。』)(ヨハネ20:22)第2ペテロ1:21には、「預言は決して人間の意志によってもたらされたのではなく、聖霊に動かされた人たちが、神のことばを語ったのだからです。」トあります。 ここでは、聖書の真理が神から直接もたらされたのであって、神がみことばを記録するために用いられた人間の著者の意志からではない と言っているのです。

ペテロは、パウロが"神から与えられた知恵に従って"書いていると言い、これらのメッセージを注意して聞かない読者たちは危険にさらされていると言っています。(第2ペテロ3:15-16)聖書は、それを私たちに与えて下さる聖霊からきています。「御霊に教えられたことばでもって、御霊のことを解くのです。」(第1コリント2:13)事実、ベレヤの信者たちは、霊感を受けたみことばを忠実に用いて、パウロの言うことが信頼できるかどうかを調べました。「熱心にみことばを開き、果たしてその通りかどうかと毎日聖書を調べた。」(使徒伝17:11)

神の霊感を受けたことばの正当性とその価値をどのように受け取るかは、信仰が中心になります。「生まれながらの人間は、神の御霊に属することを受け入れません。それらは彼には愚かなことだからです。また、それを悟ることができません。なぜなら、御霊のことは御霊によってわきまえるものだからです。(第1コリント2:14) 霊的な人間とは、たましいの救いのための信仰の賜物を与えられた人です。(エペソ2:8-9)へブル書11:1は、「信仰は望んでいる事柄を保証し、目に見えないものを確信させるものです。」と言っています。 聖書の神が啓示された福音のうちには義が示されていますが、私たちの義は信仰によってのみ、与えられ、信仰によってのみ保たれるのです。(ローマ書1:17)

第2テモテ3:16だけが、"神の霊感による"ということばが、みことばについて使われている箇所かもしれませんが、聖書は同じ主張で満ちています。実はこれらは神のことばが、私たちの生活のすべての面において神の真理と愛が導いてくれることを思い起こさせるのです。 使徒ヤコブが、ヤコブ1:17で、「すべての良い贈り物、また、すべての完全な玉あ物は上から来るのであって、光を造られた父から下るのです。父には移り変わりや、移り行く影はありません。」と宣言したとき、聖書の性質(そのほかの多くのことについて)を語っていたと言ってもよいでしょう。

English
日本語のホームページに戻る
聖書が神の息(霊感)がかかっているというのはどういう意味ですか?