後戻り/堕落しているクリスチャンでも救われているのでしょうか?



 

質問: 後戻り/堕落しているクリスチャンでも救われているのでしょうか?

答え:
この質問は何年もの間、絶え間なく議論されてきています。「後戻りする者」とか「後戻りしている」ということばは新約聖書には出てきませんが、旧約聖書ではおもにイスラエルについて使われています。ユダヤ人は、神の選民でありながら、神に背を向け続けて、神のことばに反抗していました。(エレミヤ8:9)だから、彼らは、自分たちが怒らせた神との関係を回復 するために、何度も罪のためのいけにえを捧げ続けることを強制されたのです。 しかしながら、クリスチャンは、キリストの一度限りの完全ないけにえを活用したおかげで、罪のためのいけにえはもう必要でなくなったのです。神ご自身が私たちの救いを獲得してくださったのですから。(第2コリント5:21) 私たちは神によって救われたのですから、真のクリスチャンは、戻って来れなくなるほど堕落することはないのです。

クリスチャンは罪を犯すこともあります。(第1ヨハネ1:8)しかし、クリスチャンの人生は罪を犯し続けるのが特徴の人生であってはならないのです。信者は新しい創造です。(第2コリント5:17)私たちのうちには良い実(ガラテヤ5:22-23)を実らせてくださる聖霊が宿っておられます。クリスチャンの人生は変えられた人生であるべきです。クリスチャンは何度罪を犯しても赦されますが、同時に、クリスチャンは神により近づくにつれ、またよりキリストに似た者として変えられるにつれて、ますます聖なる生活をするようになるべきです。信者だと主張しながら、そうでない生き方をしている人を私たちは真剣に疑うべきです。もちろん一時的に罪に陥る真のクリスチャンも救われていますが、同時に罪に支配された生活を送っている人は真にクリスチャンとは言えません。

ではキリストを否定する人はどうでしょう?聖書は、キリストを否定するなら、その人は初めから本当にキリストを知っていなかったと教えています。「彼らは私たちの中から出て行きましたが,もともと私たちの仲間ではなかったのです。もし私たちの仲間であったのなら、私たちと一緒にとどまっていたことでしょう。しかし、そうなったのは、彼らがみな私たちの仲間でなかったことが明らかにされるためなのです。」(第1ヨハネ2:19)キリストを拒み、信仰に背を向ける人は初めからキリストに属していなかったことを明らかにしているのです。キリストに属している人たちはキリストにとどまります。信仰を否定する人は初めから信仰がなかったのです。「次のことばは信頼すべきことばです。もし私たちが彼と共に死んだのなら彼と共に生きるようになる。もし耐え忍んでいるなら、彼と共に治めるようになる。もし彼を否んだなら、彼もまた私たちを否まれる。私たちは真実でなくても、彼は常に真実である。彼にはご自身を否むことができないからである。」(第2テ持て2:11-13)



日本語のホームページに戻る



後戻り/堕落しているクリスチャンでも救われているのでしょうか?