神に対して腹を立てることは悪いことなのでしょうか?



 

質問: 神に対して腹を立てることは悪いことなのでしょうか?

答え:
神に対して怒りを持つことは、多くの人―信者でも未信者でも―がしばしば格闘してきたことです。私たちは人生で何かの悲劇が起こる時 、神様に質問します。「なぜ?」と。それは私たちの自然の反応だからです。しかしながら、私たちが本当に聞いているのは、「どうして、神様?」というよりも、「どうして私が?」と言っているのです。この反応は私たちの考え方に二つの欠点があることを示しています。第一に、信者として、私たちは人生は容易くあるべきで、神は私たちに悲劇が起こらないように守って下さるべきだという印象の元に行動します。神が悲劇から守ってくださらないと、私たちは神に対して腹を立てます。第二に、神の主権の及ぶ範囲を私たちが理解しない時、私たちは、状況や他の人たちやそれが私たちに及ぼす影響などを支配する神の能力に自信をなくすのです。そして神に腹を立てるのです。神が宇宙と、特に私たちの人生のコントロールを失われたように思えるからです。私たちが神の主権に対する信仰を失う時、それは弱い人間の肉が私たち自身の不満と出来事に対するコントロールのなさと格闘しているからです。 良いことが起きると、私たちはあまりにも多くの場合、自分の功績のせいにするのです。しかしながら悪いことが起こると、私たちはすぐに神のせいにしてそれが起こるのを防いで下さらなかったと神様に怒るのです。それは私たちの一番目の考え方の欠点を示しています。つまり私たちは、悪い状況に置かれることからは予防されていて当然だとすることです。

悲劇は、私たちが支配しているのではないというひどい真理を教えてくれます。私たちはみな、一時は状況の結果をコントロールすることができると思ったことがあります。しかし、現実はすべての創造物の支配権は神様にあるのです。すべての出来事は、神が起こされるかまたは神がそれをお許しになったから起こるのです。神が知らないで、一羽の雀も私たちの髪の毛一本も落ちないのです。(マタイ10:29-31)私たちは、不平を言ったり、怒ったりして、起こっていることが神様のせいだとすることもできます。それでも、もし、私達が自分の意志を神の意志に押し付けようとした高慢な罪を認めて、神を信頼して苦々しさや苦しみを神に委ねるなら、神の平安とどんな困難な状況をも通り抜けることができる力を与えてくださるのです。(第1コリント10:13)イエスキリストを信じる多くの人がその事実を証言することができます。私たちには神に怒ることもできる多くの理由があります. それで、私達はみなある時点で、私たちは自分でコントロールできないし、私たちの限られた頭では理解すらできないことがあるのだということを受け入れなければなりません。

あらゆることに関して神に主権があるということの私たちの理解は神のその他の性質を理解することと伴わなければなりません。つまり、愛、憐れみ、親切、善、義、正義、聖です。 私達が困難をみことば―私たちの愛なる、聖なる神はすべてのことを働かせて私たちの益としてくださると言っているみことば(ローマ8:28)、それに神は私たちのために完全な計画と目的を持っておられて、それが変ることはないと(イザヤ14:24;46:9-10)言っているみことば)― の真理を通して見るとき、私たちは自分の問題を違った目で見ることができるのです。 また聖書を通して、この人生は喜びや幸せの連続ではないことを私たちは知っています。それよりも、ヨブは私たちに思い出させています。「人は生まれると苦しみに会う。火花が上に飛ぶように。」(ヨブ5:7)そして、人生は短く、「心がかき乱されることでいっぱいです。」(ヨブ14:1)私達が罪から救われるために、キリストの元へ来たからと言って、問題から解放された人生が保障されているという意味ではないのです。

事実イエス様は、「あなたがたは世にあっては艱難があります。」が「わたしはすでに世に勝ったのです。」と言われました。(ヨハネ16:33)そして私達の周りに荒れ狂う嵐にもかかわらず、心に平安を持つことができるようにしてくださったのです。(ヨハネ14: 27)

一つこのことは確かです。:不適切な怒りは罪です。(ガラテヤ5:20;エペソ4:26-27,31;コロサイ3:8)神に従わない怒りは自己の目的を打ち砕き、私たちの人生に入り込む足場をサタンに与えることになり、もしその怒りを抱き続けていると、喜びや平安を破壊することにもなります。自分の怒りを抱いていると、心に苦々しさや恨みが起こることにもなります。私達は、それを主に告白しなければなりません。そうすれば、主に赦されてそのような感情を主に渡すことができます。私達は、悲しみ、怒り、苦痛の中にあって、しばしば祈りによって主の御前に出なければなりません。第2サムエル12:15-23で聖書は、ダビデが自分の病気の子のために、断食をしたり、泣いたり、その子供が回復するようにと祈って、恵みの御座の前に出たと言っています。その子が死ん時、ダビデは立ち上がって主を礼拝して、僕たちに、あの子がどこへ行ったか知っている、いつか神の御前に自分も出て、子どもと再会すると言いました。ダビデは子供が病気の時は神に向かって叫びましたが、その後、神の御前に頭を下げて礼拝しました。あれはすばらしい証しです。神は私達の心を知っておられます。だから、私達が実はどう感じているか隠そうとするのは無意味です。だから、神に話すのが悲しみを取り扱う最善の方法の一つです。もし私達がへりくだって、神の前に心を搾り出すなら、神は私達を通して働いてくださいます。その過程で神は私達をよりキリストに似た者として下さるのです。

結局、この私達の人生と愛する者たちの人生、すべてにおいて神を信頼できるのかということです。もちろん信頼できます。私達の神は恵みと愛にあふれた憐れみ深いお方ですから、キリストの弟子として私達はすべてにおいて神を信頼することができるのです。 悲劇が起こったとき、私達はそれを通して、神が私達を成熟させて完全な者とし、私達をより神に近づけて、私達の信仰を強めてくださると知っています。(詩篇34:18;ヤコブ1:2-4)それから、私達は他の人に慰めとなる証しになることができるのです。(第2コリント1:3-5)それを言うことは行うことよりも簡単ですが、日々自己の意志を神に委ねる 事が要求されます。みことばにある神の性質を忠実に研究することと、多くの祈り、みことばで学んだことを自分の状況に適用することなどです。そうすれば、私達の信仰は前進して成長し、成熟します。そして、確かに来る次の悲劇を通り抜けるために、神を信頼し易くなるのです。

さて、質問に直接答えますが、その通り、神に腹を立てることはいけないことです。神に対する怒りは、私達たちが神が何をされているのか理解できない時、神が信頼できない、または信頼したくないという気持ちの現れです。神に対する怒りは、基本的に、神が何か悪いことをした―神は絶対にされないのですが、―と神に言っていることなのです。私たちが怒っているとき、不満な時、または神に失望している時、神はわかってくださるのでしょうか?もちろん。神は私達の心を知り、この世での生活がどんなに困難で苦しいものか知っておられます。だから神に対して怒ることは正しいと言えますか?絶対に違います。神に腹を立てる代わりに、私達は祈りによって心を神の前に搾り出すべきです。そして神はすべてを支配しておられ、神の計画は完璧だということを信頼すべきなのです。



日本語のホームページに戻る



神に対して腹を立てることは悪いことなのでしょうか?