み使いには翼があるのですか?


質問: み使いには翼があるのですか?

答え:
最もよくあるみ使いのイメージは基本的に人間に翼がついているものです。これは聖書的ではありません。聖書では、み使いはしばしば人間として現れます。しかしながら、これはみ使いが本質は人間に似ているということを示しているわけではありません。 さらに、聖書はみ使いを叙述するとき、めったに翼があるとは言ってません。しかしながら、聖書には確かに、翼をもったみ使いが二種類出てきます。ケルビム(出エジプト記25:20;エゼキエル10章」とセラフィム(イザヤ書6章)です。 ケルビムとセラフィムは二種類のみ使いです。おそらく最高の位の御使いでしょう。それで、これだけは確かです。ある御使いたちは翼をもっています。

聖書はみ使いは霊的存在だと言っています。(へブル書1:14)エゼキエル10章のケルビムとイザヤ書6章のセラフィムの記事は大変異常です。エゼキエルとイザヤが見た天とみ使いについての驚くべきまぼろしを正確に記述するのに困っているのは明らかです。 霊的存在として、み使いがなぜ翼を必要とするのかはっきりしません。霊的存在は飛ぶために翼は必要ではありません。み使いたちは 物質的世界の法則に縛られていません。

では、み使いは翼を持っているのでしょうか?はい、ある種類のみ使いには翼があります。しかしながら、聖書が記述しているみ使いたちが持っている翼についての私たちの限られた理解に基づいて、み使いに何ができるかできないか、限界をつけるべきではないのです。

English
日本語のホームページに戻る
み使いには翼があるのですか?