神はなぜ堕落した御使いたちに悔い改める機会を与えないのでしょうか。?



 

質問: 神はなぜ堕落した御使いたちに悔い改める機会を与えないのでしょうか。?

答え:
聖書は、堕落した御使いたちに悔い改める機会があるかという問題については特に言及していませんが、聖書に書かれていることからいくつかの洞察を得ることはできます。先ず第一に、サタン(ルシファー)は階級の高い御使いたちの一人、おそらくは最高位にあった御使いでした(エゼキエル書28:14)。ルシファーも含めて、すべての御使いたちは絶えず神の御前にいたのであり、神の栄光を知っていました。ですから、彼らには、神に反抗して神に背を向けることに対する弁解の余地はありませんでした。彼らは誘惑されたわけではなかったのです。ルシファーと他の御使いたちが、彼らの知識をよそに神に反抗したことは、悪の極みだったのです。

第二に、神は、人間のためにしてくださったようには、御使いたちのためには救いの計画を与えられませんでした。人類の堕落は罪のための贖いのいけにえの必要性を余儀なくし、神はイエス・キリストのうちにそのいけにえを提供してくださいました。神はその恵みによって、人類を贖い、ご自身に栄光をもたらされたのです。

そのような犠牲は御使いたちのためには計画されませんでした。さらに、神はご自身に忠実であり続ける御使いたちのことを神の「選ばれた御使いたち」と呼ばれました(テモテへの手紙 第一 5:21)。私たちは、聖書の選びの教理から、神が救いに選んだ者たちが救われることと、何ものも神の愛から彼らを引き離すことができないことを知っています(ローマ人への手紙 8:38-39)。明らかに、反逆した御使いたちは、神の「選ばれた御使いたち」ではなかったのです。

終わりに、たとえ神がその機会を与えたとしても、御使いたちが悔い改めるであろうと考えられるような 根拠は聖書には見つかりません(ペテロの手紙 第一 5:8)。堕落した御使いたちは、神に敵対し、神の民を攻撃することに徹しているようです。聖書には、神の裁きの厳しさは、その人がどれほど知っていたかによって異なると述べられています(ルカの福音書 12:48)。 そして、堕落した御使いたちには深い知識があったのですから、彼らは大いに神の御怒



日本語のホームページに戻る



神はなぜ堕落した御使いたちに悔い改める機会を与えないのでしょうか。?