御使いはどんな姿をしているのでしょうか?



 

質問: 御使いはどんな姿をしているのでしょうか?

答え:
御使いたちは霊の存在ですから(ヘブル人への手紙1:14)、本質的な物理的形状はありません。しかし、御使いたちには人間の姿で現れる能力が備わっています。聖書の中で御使いたちが人間の前に現れた時には、彼らは普通の男性のような姿をしていました。創世記18:1-19では、神と二人の御使いが男性として現れて、実際にアブラハムとともに食事をしています御使いたちは聖書の初めから終わりまで、幾度も男性として現れていますが(ヨシュア記5:13-14; マルコの福音書16:5)、女性の似姿では一度も現れていません。

他の場合には、御使いたちは人間としてではなく、何か別世界に属するものとして現れており、その容姿は彼らに遭遇した者たちにとって非常に恐ろしいものでした。しばしば、これらの御使いたちがまず初めに口にしたことは「恐れることはない」という言葉 でした。彼らを見た者たちには、通常、極度の恐れがあったからです。イエスの墓の番をしていた者たちは主の御使いを見て死人のようになりました(マタイの福音書28:4)。ルカの福音書第2章に登場する夜番をしていた羊飼いたちも、主の御使いが現れて主の栄光が回りを照らしたとき、「ひどく恐れ」たのです。

肉体的な特徴に関しては、御使いたちは時に翼のあるものとして描かれています。契約の箱の上のケルビムの像には、贖いのふたを覆う翼がついていました(出エジプト記25:20)。イザヤは彼が天の王座を見た幻の中で、翼のあるセラフィムを見ましたが、セラフィムにはそれぞれに六つの翼がありました(イザヤ書6:2)。エゼキエルもまた、翼のある御使いたちの幻を見ました。イザヤ書6:1-2は、御使いたちを、声や顔や足といった人間的特徴を持つものとして描いています。歌って神を賛美しているの御使いたちの声が、いくつか他の聖書箇所でも聞かれています。最も詳しく御使いを描写しているものの一つにダニエル書10:5-6があります。「私が目を上げて、見ると、そこに、ひとりの人がいて、亜麻布の衣を着、腰にはウファズの金の帯を締めていた。そのからだは緑柱石のようであり、その顔はいなずまのようであり、その目は燃えるたいまつのようであった。また、その腕と足は、みがき上げた青銅のようで、そのことばの声は群集の声のようであった。」イエスの墓にいた御使いも同じように描写されています。「その顔は、いなずまのように輝き、その衣は雪のように白かった。」(マタイの福音書28:3)

御使いたちがどのような姿をとったとしても、彼らが非常に美しいということは信じることができます。エゼキエルは私たちに、ルシファーが自らの美しさのゆえに「高ぶ」ったと告げています。加えて、御使いたちのような存在は、常に神の御前におり、神の栄光は神の回りにあるものすべてに反英するために、彼らには非凡な美しさが



日本語のホームページに戻る



御使いはどんな姿をしているのでしょうか?