御使いには自由意志がありますか?


質問: 御使いには自由意志がありますか?

答え:
聖書は御使いのことに250回以上も言及していますが、それらの言及は普通、他の主題に付随しています。聖書が御使いについて何と言っているかを学ぶことは、確かに神とその方法を理解する助けになります。しかしみ使いたち自身について学ばれることは、普通、明確な叙述ではなく暗示的なものから引き出さなければなりません。

み使いは、感情、(ルカ2:13-14)知性、(2コリント11:3、14)意志、(2テモテ2:26)を含める人格を持った霊的存在です。サタンはサタンについて行って罪を犯した他のみ使いたちと共に天から追放されたみ使いです。(2ペテロ2:4) 自由意志については、聖書は選択の能力を使うことだと示しています。(ユダ6節)

ある学者たちは、アダムとエバがエデンの園にいたときと似たような、“試験的期間“のようなものがみ使いたちにもあったと信じます。罪を犯してサタンについて行くことを選ばなかったみ使いたちは、”選ばれた”み使い(1テモテ5:21)となって、彼らが聖であることを証明しました。 これらのみ使いたちは、”聖なるみ使い”(マルコ8:38)、また“聖者”(詩篇89:5)とも呼ばれています。

選ばれたみ使いたちがその神聖さにおいて確信されても、そのみ使いたちが自由意志を失ったという意味ではありません。確かに、すべての生きものには、いつでも選択する意志があります。 聖なるみ使いには、罪を犯す能力もあるかもしれませんが、絶対、彼らが罪を犯すという意味ではありません。

この問題の理解を助けるために、キリストの人生を考慮しましょう。キリストは「syべ手の天で試みに会われたが(へブル4:15)それでも罪は犯されませんでした。 イエスは何でも御心のままに選ぶ能力がありました。(ヨハネ10:17-18) しかしながら、イエスの優先順位はいつも御父を喜ばせることだったので、いつもそれを選択されたのでした。(ヨハネ4:34)それと同じように、選ばれたみ使いたちも神を讃えて神に仕えました。なぜなら彼らがそれを選択したからです。彼らは神に従うことを選択しました。なぜならそれを彼らが最もしたいと願っていたからです。

人間も自由意志がありますが、罪と戦っています。なぜなら人間の性質は罪によって腐敗しているからです。 すべての人間誰でも罪を犯す理由はこれです。(ローマ5:12)そして、悪を行うことよりも善を行うことの方がずっと難しいのです。 聖なるみ使いたちは罪の性質を持っていません。彼らは罪を犯す傾向にはなく、どちらかと言うと義を行い、何事も神を喜ばせるためにするという傾向にあるのです。

結論として、聖なるみ使いたちには自由意志がありますが、聖書は彼らが罪を犯さないとはっきり言っています。使徒ヨハネは、天国には悲しみも涙も苦しみもないと述べています。(黙示録21:4)悪を行う者は誰も天国に入ることを許されないのです。(黙示録21:27)天の一部であるみ使いたちには罪がないのです。

English
日本語のホームページに戻る
御使いには自由意志がありますか?