私たちの中にみ使いたちはいるのですか?


質問: 私たちの中にみ使いたちはいるのですか?

答え:
聖書を通して、み使いたちが神の計画に不可欠な部分として加えられた多くの実例があるのを見ます。ある聖句は、み使いが今日でも私たちの中を歩いている可能性がある事をほのめかしています。「旅人をもてなすことを忘れてはいけません。こうしてある人々はみ使いたちをそれとは知らずにもてなしました。」(へブル13:2) これは明らかに、み使いの訪問者たちが、人間としてアブラハムに現れたことを言及しています。(創世記18章)この聖句は、私たちがそれとは知らずに私たちの中にみ使いたちが歩いていることを確認しているかもしれないけれど確認していないかもしれません。 「もてなしました。」と、過去形です。それで、現在のみ使いとの遭遇については、明確には言ってません。

多数のみ使いとの出会いが聖書にはあります。だから神はある事をなすために御使いを使われるし、使うことも出来ます。確かでないのは、み使いたちがどれだけ頻繁に、人間に見られるのを許しているか です。以下は聖書からのみ使いについての基本的なことです。:御使いは人々を教訓することができる。(創世記16:9)人々を助ける(ダニエル6:22) 人々にメッセージを伝える(ルカ1:35) まぼろしや夢に現れる(ダニエル10:13)人々を守る(出エジプト記23:20)神のご計画を成し遂げる手伝いをする。

私たちは神がみ使いを造られたことを知っています。神はご自分の計画に、み使いたちを用いられます。み使いには何人かは名前があり、(ガブリエルとミカエルのように)、個人としての自覚があります。そしてすべてのみ使いにはみ使いの階級制の中で異なる責任があります。

しかし、彼らは私たちの中を歩いているのでしょうか?もし神が、私たちのための計画 に彼らを用いることを選ばれるなら、その通り、彼らは御心を行うために、断然私たちの中を歩くことが出来ます。み使いは、創世記と黙示録に出てきて、世界の創造を目撃しました。(ヨブ記38:7)聖書によると、 神は、時間の初めから天の万軍を用いられました。そして終わりの時にも用いられます。今日でも多くの人たちが.それとは気付かずに、み使いに出会ったり見たりしてきたことは大いに可能なことです。。

もしみ使いたちが私たちの中を歩いているなら、それは彼らが神に定められた目的を果たすために奉仕しているからです。聖書は、破滅させること以外の目的しかなく地上をさまよっている悪霊のことを述べています。(マタイ12:43-45) サタンとその悪霊の軍団は多分肉艇を取って現れることができるでしょう。聖なるみ使いができるように。 サタンの目的は、欺いて殺すことです。 サタンは光のみ使いに偽装します。(2コリント11:14)

重要な注意:み使いは栄光を受けたり、礼拝されたりしてはいけません。(コロサイ2:18)彼らは神のみ心を行う存在であって、自分たちのことを、私たちと“同じしもべです”と言っています。(黙示録22:9)

私たちが実際にみ使いに出会う体験をしても、しなくても、いずれにしても、最も重要なことは、イエスキリストを通しての救いを体験することです。イエスキリストはすべてのみ使いたちとすべての人間をはるかに超えて、キリストだけが礼拝に値するお方なのです。「 ただ、あなただけが主です。あなたは天と、天の天とその万象、地とその上のすべてのもの、海とその中のすべてのものを造り、そのすべてを生かしておられます。そして、天の軍勢はあなたを伏し拝んでいます。」(ネヘミヤ9:6)

English
日本語のホームページに戻る
私たちの中にみ使いたちはいるのですか?