死の天使は存在しますか。?



 

質問: 死の天使は存在しますか。?

答え:
死の天使」という概念は複数の宗教に存在します。「死の天使」は、ユダヤ教ではサマエル、サリエル、またはアズラエルとして、イスラム教ではマラク・アルモートとして、ヒンズー教では ヤマ、あるいはヤマラージャとして知られており、また大衆小説では死神として知られています。様々な神話において、死の天使は マントをまとい釜を手にした骸骨姿をしたものから、美しい女性の姿や幼い子どもの姿をとるものまで、色々な姿で想像されています。細部に違いはあるものの、その中心にある考えは、人が死ぬ瞬間に現れる存在があり、実際に死をもたらすにせよ、単に死を観察するのみにせよ、それは人の魂を死者のすまいへと連れて行く目的を持っているというものです。

この「死の天使」という概念は、聖書の中では教えられていません。死をつかさどったり、あるいは人が死ぬときに常に居合わせたりする特定の御使いがいるとは、聖書のどこにも示されていません。列王記 第二 19:35には、イスラエルに侵攻したアッシリア人18万5千人を一人の御使いが殺したことが描かれています。中には、出エジプト記第12章にあるエジプトの初子の死を御使いの業として見る人たちもいます。これは考えられなくもないものの、その初子の死を御使いに帰する記述は聖書中どこにも見られません。いずれにせよ、聖書には、主の命令に従って死をもたらす御使いたちの描写はあるものの、ある特定の死の御使いがいるとはどこにも示されていません。

神、そして神のみに、私たちの死のタイミングを決める力があるのです。神が命じるまでは、いかなる御使いも悪魔も私たちを死に至らせることは決してできません。ローマ人への手紙 6:23とヨハネの黙示録 20:11‐15によると、死とは分離、つまり私たちの霊魂が私たちの肉体から分離(肉体の死)することであり、未信者の場合には神から永遠に離されること(永遠の死)となっています。死は出来事であって、御使いや悪魔や人間、あるいはその他の生き物ではありません。御使いたちには死をもたらすことができるし、彼らは死後に私たちの上に起こることに関与するかもしれませんが、「



日本語のホームページに戻る



死の天使は存在しますか。?