天使(御使い)の人形や置き物を所有することはいけないことでしょうか。?



 

質問: 天使(御使い)の人形や置き物を所有することはいけないことでしょうか。?

答え:
天使の人形や置き物それ自体には、全く問題はありません。個人がそれらの天使の人形や置き物をどう見るかによって、その良し悪しが決定します。天使の人形や置き物が問題となる原因はただ一つ、人がそれらを偶像化したり、それらのものに向かって祈ったり、それらを崇めたりすることで、これは神によって禁じられています(サムエル記 第一 12:21)。私たちは、天使や、天使の置き物を崇めたりはしません。神のみが崇拝にふさわしいのであり(詩篇99:5;ルカの福音書4:8)、私たちは神のみに全き信頼を置くべきであるからです(詩篇9:10)。聖書は宗教的な像を非常に強く否定しています。これを受けて、天使の人形や置き物であれ、イエスを画いた絵であれ、キリスト降誕の場面を再現した模型であれ、そういった像が障害や罠にならないように、クリスチャンは十分に気をつけなければなりません。

御使いやその他の生き物を形取ったオーナメントを所有することは少しも罪にはなりませんが、 私たちは、いかなる超自然的な力も私たちの人生への影響もそれらのものに帰すことはなりません。どのようなオーナメントにも、私たちを危険から守ったり、私たちのもとに幸運を運んできたり、私たちに何らかの影響を与えたりすることはできないのです。そのような信条はただの迷信にすぎず、クリスチャンの人生にはそれらのものが入ってくる余地はありません。迷信に結び付いているものは偶像崇拝であり、偶像崇拝は聖書ではっきりと禁じられており、偶像を拝む者はだれも神の御国に入ることはありません(ヨハネの黙示録21:27)。

また、実際に御使いたちがどのような姿をしているのかは私たちには分からないことを認識しておくのも賢明 なことです。人形や置き物は、御使いたちはこのような姿をしているかもしれないと誰



日本語のホームページに戻る



天使(御使い)の人形や置き物を所有することはいけないことでしょうか。?