み使いガブリエルについて、聖書は何と言っていますか?


質問: み使いガブリエルについて、聖書は何と言っていますか?

答え:
み使いガブリエルは、神に代わって伝えるために、いくつかの重要なメッセージを預かっていました。ガブリエルは、聖書の中で少なくとも三人の前に現れています。まず預言者ダニエル(ダニエル8:16)次にバプテズマのヨハネの奇跡的な誕生を予告して、知らせるために祭司ゼカリヤ(ルカ1:19)、最後に、御子の受胎と誕生を告げるために処女マリヤの前に(ルカ1:26-38)現れました。 ガブリエルとは、「神は偉大である」と言う意味で、告知のみ使いとして、救い主の名前は“イエス”と呼ばれると啓示したみ使いです。(ルカ1:31)

ガブリエルが初めて出てくるのは、預言者ダニエルがまぼろしを見た後です。ガブリエルの役割は、ダニエルの幻を説明することでした。(ダニエル8:16)ガブリエルの姿は人間のようでした。(ダニエル8:15;9:21). ガブリエルが二度目にダニエルに現れたとき、 彼はダニエルのところに「夕方の捧げものを捧げる頃にすばやく飛んで来ました。ダニエル9:21) ガブリエルが飛んできたことは翼を暗示しているかもしれませんが、翼については何も書いてありません。それに、ガブリエルを見てダニエルが恐れてひれ伏したので、ガブリエルの姿はどちらかと言うと恐ろしいものだったことは明らかです。それに、このみ使いとの体験とまぼろしの後、ダニエルは何日も病気だったので。(ダニエル8:17;8:27)

ダニエル10章では、ダニエルと「人間のように見える者」(16節)との対話があります。しかしながらこのメッセンジャーの名前はありません。み使いはダニエルがまぼろしを理解するのを助けに来たと言っています。それで、この箇所もみ使いガブリエルのことを言っている可能性はあります。 この箇所の言語からすると、実際は二人のみ使い―ひとりはダニエルと話し、もう一人はダニエルが返答できるようにするために彼を力づけている―がいたことも可能です。(ダニエル10:16、18)み使いは霊的領域で戦いが起こっていることにも触れています。このみ使いがガブリエルであると推測できます。そしてみ使いミカエルは明らかに、ペルシャの君とギリシャの君(20節)も含めて(13節)悪霊の王や君主たちとの戦いをしていてました。

ガブリエルは、ダニエルの特定の祈りの答えとして、天から遣わされたと言います。ガブリエルはダニエルが祈り始めてすぐに答えを持ってくるために天を離れました。(ダニエル10:12)しかし、途中で困難にぶつかりました。「ペルシャの君が21日間立ち向かっていました。(ダニエル10:13)そしてダニエルのところにもっとすばやく来ることを妨げていました。ここで、霊的世界と場面の背景で起こっている戦いを垣間見ることができます。 ガブリエルの雹な聖なるみ使いたちは神のみ心を行っているのですが、この世に悪だけを望んでいる他の霊的存在がそれを拒んでいるのです。

バプテズマのヨハネの父親ザカリヤへのガブリエルのメッセージは、ザカリヤが神殿で主の御前で奉仕している時に伝えられました。ガブリエルは、祈りの象徴である香壇の右に現れました。(ルカ1:11)ザカリヤに祈りの答えが聞かれたと伝えます。(13節)ザカリヤの不妊の女、妻エリザベツが妊娠して男の子を産む、この奇跡の子はヨハネと名付けられて、エリヤの預言(17節;マラキ書4:5)を成就することになるというのです。 ガブリエルのメッセージは信じられませんでした。、それで、ガブリエルは、疑った祭司が子供の割礼の日まで口がきけなくなるようにしました。(ルカ1:20;59-64)

ガブリエルがマリヤの前に現れたのは、主イエスキリストの処女降誕を告知するためでした。メシヤの母は神の恵みを確証させられます。(ルカ1:30)  そして彼女の息子はダビデの契約を成就することになると知らされます。 「その子はすぐれた者となり、いと高き方の子と呼ばれます。また神である主は彼にその父ダビデの王位をお与えになります。彼はとこしえにヤコブの家を治め、その国は終わることがありません。」(32-33節)マリヤの質問、彼女は処女なので、そのことがどうやって起こるのかという質問に答えて、受胎は聖霊が彼女に働かれる結果であって、それゆえ、「生まれる者は聖なる者、神の子と呼ばれます。」(35節)とガブリエルは言いました。

この三つの現れにおいて、ガブリエルは恐がられたので、ダニエル、ザカリヤ、マリヤに慰めと励ましの言葉で会話を始めなければなりませんでした。マタイ1:20でヨセフに現れたみ使いもガブリエルだった可能性がありますが、聖書には名指しで出て来ないので、確実ではありません。 私たちにわかっていることは、ガブリエルは神の良い聖なるみ使いだということです。 彼は、「神の御前に立つみ使い」(ルカ1:19)として、優遇された立場にあります。そして、神のご計画の一部として選ばれた人々に、神の特定の愛と恵みの重要なメッセージを伝えるために選ばれたのです。

English
日本語のホームページに戻る
み使いガブリエルについて、聖書は何と言っていますか?