聖書は老齢化/年を取る事について何と言っていますか?


質問: 聖書は老齢化/年を取る事について何と言っていますか?

答え:
聖書は、年を取ることをこの世での普通の自然の生活の一部として提供しています。 老齢化の過程には名誉があります。なぜなら、年を取ることは通常、知恵と経験が増えることを伴っています。「しらがは光栄の冠、それは正義の道に見いだされる。」(箴言16:31;箴言20:29) 神は私たちに人生は短いことを覚えてほしいのです。(ヤコブ4:14)そして若い時の美しさはすぐになくなってしまうのです。(箴言31:30;1ペテロ1:24)

最終的に老齢化の質問は人生の意味と私たちが残す遺産の概念の質問と切り離すことはできません。伝道者の書で、ソロモンは老齢についての聡明な見方とそれに関係する問題を備えてくれます。

私たちは今に生きるという自然の傾向を持って生まれていますが、そのような生き方は究極的にはむなしいというのが伝道者の書の1-7章の主題です。人々は年を取るにつれて、死を免れないことの衝撃をますます感じるようになります。そして典型的に減少する資源を、彼らにとって人生に残る見込みがよりありそうに見える事業に投資しようとします。特に彼らの〝名前"を永続させる遺産の希望に投資しようとするのです。(伝道者の書2章) 残念ながら、どの事業が永続する価値と重要性があるかは誰にも予言することはできません(伝道者の書3:1-15)そして普通は様々な程度の幻滅と人生の短さと明らかな不公平に絶望することになります。 「日の下」はソロモンが地上でのいのちについて話すときしばしば使うことばです。(伝道者の書3:16-7:29)

そのような活動に満足することは変わりなく、はかないということを認識するにつれて、ソロモンの望みは、死ぬ前に人々が神が下さったそれぞれの分け前の使用にもっと賢くなることです。(伝道者の書8-12章;詩篇90:12も参考)この知恵は、私たちの〝時と裁き"の意識と関係して多くなります。―人生の短さと明らかな不公平に直面して、私たちは神の観点が必要です。(伝道者の書3:15c;8:5b ―8、12b―15;9:11-12;11:9;12:14)これらの箇所のへブル人の時の考えには、機会、(ある場合が生じると便宜上、行動を起こすのにちょうどいい時という考え)と 限りのある人生の期間(すべての機会がなくなる前に 少しの時間しかない)という考えを結合しています。この同じ箇所でのへブル人の裁きの考えは、地上で神が下さった"分け前"を使うのに、私たちには思うままに使う完全な自由があると予想しますが、それと付随して私たちに分け前を下さったお方に対して説明責任があるというのです。新約聖書でこれらの考えに対応するものは、イエスの10人の乙女たちとタレントのたとえ話(マタイ 25章)と二人の息子(マタイ21:28-32)不正な管理人(ルカ16:1-13)に生き生きと出てきます。

伝道者の書の著者は、肉体的精神的な衰えも含めて、年を取る事の困難とチャレンジを認識しています。伝道者の書は、これらの困難を人間的な観点から述べています。(伝道者の書7:15-18;8:14-9:3) それでも、〝時と裁き"という考えを伴う神の観点から老齢化をどう扱うべきかを助ける知恵を提供しています。私たちの必然の人間の状態に関する幻滅―普遍的な堕落、不確かさ、死を免れないことなど―がありますが、―伝道者の書9章4-6を覚えておくことは賢明です。「すべて生きている者に連なっている者には希望がある。生きている犬は死んだ獅子より勝るからである。生きている者は自分が死ぬことを知っているが、死んだ者は何も知らない。彼らにはもはや何の報いもなく、彼らの呼び名も忘れられる。彼らの愛も憎しみも、ねたみもすでに消えうせ、日の下で行われるすべてのことにおいて、彼らには、もはや永遠に受ける分はない。」(伝道者の書9:4-6)彼らが神に与えられた〝分"に対して説明責任があることを知って、人生ですべての賜物、タレント、知恵、機会を後でではなく、すぐに喜んで使うべきです。―それをする機会がなくなってしまう前に。(伝道者の書9:7-10;11:9-12:7)

伝道者の書から年を取ることについての熟考の主な目的は、人生の意味は私たちの神に与えられた目的 を実現させること、そして私たちの目的は、私たちが神に与えられたキリスト―約束された救い主―にある〝分″を利用するときにだけ実現するのです。この分は、ある人にとってはほかの人よりも不公平なように見えるかもしれませんが、一方人生の意味は、私たちが相続-私たちがどのようにその〝分″を投資したか、それが良い方法か悪い方法かによって―を受け取る最後の審判の時にのみ達成するのです。(伝道者の書7:11)(伝道者の書12:14;2コリント5:10と比較する)その日には、現在の生活において、神がどんなに不公平に、または不平等に、私たちの割り当てを分配されたように見えても、その褒美においては神が著しく公平だということがわかります。

English


日本語のホームページに戻る
聖書は老齢化/年を取る事について何と言っていますか?