伴侶が不倫を犯したとき、クリスチャンはどんな反応をすべきですか?



 

質問: 伴侶が不倫を犯したとき、クリスチャンはどんな反応をすべきですか?

答え:
不倫は非常に困難で苦痛な状況です。すべての感情を巻き込みます。クリスチャンにとって、信仰が破滅寸前にまでなる可能性もあります。最も最善にすべきことは、「あなた方の思い煩いを、一切神にゆだねなさい。神があなた方のことを心配してくださるからです。」(1ペテロ5:7) 日々主の元へ慰めと知恵と導きを求めて行きなさい。神は最も困難な試練を通して私たちを助けてくださいます。

姦淫はいつでも悪いことです。「神は不品行な者と姦淫を行う者とを裁かれるからです。」(へブル13:4) 被害者は、神は復讐されるお方であるという真理にゆだねて落ち着くべきです。罪を犯された人はどうやって復讐してやろうかと思い煩うことはないのです。 神の方がずっといいやり方で復讐されます。私たちが傷ついた時、姦淫の罪のすべての詳細を知り、適切に処理することのできるお方に委ねればいいのです。

「もし人の罪を赦すなら、あなた方の天の父もあなた方を赦してくださいます。しかし人を赦さないなら、あなたがたの父もあなたを赦されません。」(マタイ6:14,15)これは不可能に見えますが、神の恵によって、被害者はみことばに従うために自分の意志によって行動できることなのです。 ひそかに苦々しさをかみしめていると、態度や感情、神に従いたいという願いにも影響を与え、すべての日々の決断に否定的な影響を与えます。 だからと言って、被害者の方が深い傷を受けて苦しむことがないという意味ではありません。 しかし、神の恵は彼/彼女の必要をかなえてくださいます。その反対は、すぐに復讐の想い、怒りなどで苦しむ赦せない心と言うことになります。

赦してもらいなさい。「もし、私たちが自分の罪を言い表すなら、神は真実で正しいお方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちを清めてくださいます。」(1ヨハネ1:9) 両者が、どうやって不倫の状況になるような原因を作ってしまったかを理解して神の前に罪責の念から解放されるように神に助けを乞うべきです。その時点から、神のカウンセリングと導きを自由に求めることができます。聖霊は、彼らが自分でできることを行うように力をくださいます。「私は私を強くしてくださる方によって、どんなこともできるのです。」(ピリピ4:13)

それから、神が導かれるとおり、赦しと和解が次に来るのです。これにどんなに時間がかかるとしても、赦しと和解のためにあらゆる努力をしなければなりません。(マタイ5:23-24を見てください。)留まるべきか出ていくかに関しては、「誰でも、不貞のためにではなくて、その妻を離別し、別の女を妻にする者は姦淫を犯すのです。」(マタイ19:9)被害をうけた側には離婚する理由があるかもしれませんが、神は赦しと和解を良い好んでおられます。

主は言われました。「わたしは離婚を憎む」(マラキ2:16)問題を起こしている事柄を解決するように努める方がずっといいのです。特に子供が関連してくると。 みことばを忠告の土台とする人からのカウンセリングは役に立ちます。考えや言葉、行い、決断に関する導きを求める祈りは非常に重要です。



日本語のホームページに戻る



伴侶が不倫を犯したとき、クリスチャンはどんな反応をすべきですか?