子供まで生まれた姦淫関係をクリスチャンの伴侶はどのように扱うべきでしょうか?



 

質問: 子供まで生まれた姦淫関係をクリスチャンの伴侶はどのように扱うべきでしょうか?

答え:
結婚は夫婦を霊的にも肉体的にも一体とさせる契約です。不倫は結婚に破壊的な打撃を与えます。しばしば修繕できない害を与える結果となり、結婚の一体性を引き裂きます。もし姦淫の結果子供ができていたら、これは特に現実になります。

親の子供に対する責任は、その子の生まれるときの状況によって決断されません。姦淫と言う行いによって子供を世に送り出すことは、すべての関係者にとってあまり良いことではありませんが、子供に罪はないので、当然その子は二親とのかかわりを持つべきだということを忘れないことが大事です。。

もし妻が、夫が不倫の結果子供を作ったとしても、夫と共にいることを決心したなら、妻は夫の罪を赦す覚悟もしなければなりません。聖書は、神が私たちを赦してくださったように、クリスチャンは互いに罪を赦し合うべきだと教えています。(マタイ6:14-15)つまり、怒りや嫉妬の感情を過去のこととする選択をすると言うことです。

理想的には、不倫で子供をもうけた夫を持つ妻がその子を自分のまま子として受け入れることです。妻は夫がその子と関係を持つことの邪魔をすべきではありません。妻にとっては非常に苦痛なことであってもです。 夫には子供に対して経済的、霊的、感情的な義務があるのです。(エペソ6:4)

姦淫は家庭を破壊する可能性のある罪なのですが、結婚の終わりになる必要はありません。 その代わり、夫婦は信仰とイエスキリストに対する従順という堅い土台の上に関係を再建するように、もっと一生懸命努めるべきです。神の恵みと憐れみ とキリストに置く強い信仰だけがこの困難な状況を二人で通り抜けることができるのです。しかし、恵みも憐れみも信仰もすべて聖霊を通しての神の賜物です。これらは、人生の困難を通して神の栄光をたたえようと真に求める者に与えられるのです。



日本語のホームページに戻る



子供まで生まれた姦淫関係をクリスチャンの伴侶はどのように扱うべきでしょうか?