キリストのうちにとどまるとはどういう意味?


質問: キリストのうちにとどまるとはどういう意味?

答え:
"とどまる″という意味は、住む、続ける、又はのころという意味です。それで、キリストのうちにとどまるとは、キリストのうちに住む(生きる)またはキリストのうちに残る、残り続けるという意味です。救われたとき、人は〝キリストのうちにある"と述べられます。(ローマ8:1;2コリント5:17)そして永遠の関係が安全に保障されています。(ヨハネ10:28-29)それで、キリストにとどまることは少数の人にしかない特別なレベルのクリスチャン体験ではないのです。それはすべての真のクリスチャンの立場なのです。キリストにとどまっている人たちととどまっていない人たちの違いは救われた人と救われていない人の違いです。

キリストにとどまることは1ヨハネ2:5-6に教えられていて、キリストを知っていることと同じ意味です。(2-3節)のちに同じ章で、ヨハネは、御子と御父のうちにとどまっていることと永遠のいのちの約束を持っていることを同等に見ています。(24と25節) 聖書的に、"とどまっている"、"うちにいる"と〝知っている"ことは同じことで救いのことなのです。

〝キリストにとどまっている"ということばは、親密で近い関係を描いています。単にうわべだけの知り合いではなく。ヨハネ15:4-7でイエスは、一つのブドウの木についている枝の描写を用いて、弟子たちにイエスからいのちを引き出すことが不可欠だと教えられました。「わたしにとどまりなさい。わたしもあなた方の中にとどまります。枝がブドウの木についていなければ、枝だけでは実を結ぶことができません。同様にあなた方もわたしにとどまっていなければ、実を結ぶことはできません。わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。わたしを離れては、あなた方は何もすることができないからです。誰でも。もしわたしにとどまっていなければ、枝のように投げ捨てられて、枯れます。人々はそれを寄せ集めて火に投げ込むので、それは燃えてしまいます。あなた方がわたしにとどまり、わたしのことばがあなた方にとどまるなら、何でもあなた方の欲しいものを求めなさい。そうすれば、あなた方のためにそれがかなえられます。」 救いがもたらすキリストとのいのちの結合なしには、何の命も生産性もないのです。別のところで、聖書は私たちのキリストとの関係を、体と頭の関係にたとえています。(コロサイ1:18)―それはもう一つの主要な結合です。

ある人たちはヨハネ15:6の警告(木にとどまっていない枝は、投げ捨てられて火に投げ込まれる)をクリスチャンはいつも救いを失う危険にさらされていると取ります。つまり、救われていることは可能かもしれないが、"とどまっていない"ことがある、その場合は、投げ捨てられるのだというのです。しかし、もし〝とどまる"ことと救いが別のものなら、このことは真理ですが、〝とどまる″ことがキリストとの親密さ だというのなら、私たちは救いの後に獲得するために頑張らなければならないということになります。But this could only be true if 聖書は、救いは恵みにより、恵みによって保たれているとはっきり言っています。(ガラテヤ3:2-3)それに、もし枝がどうかして木から離れてしまうなら、その結果として救いを失うのなら、他の明白な箇所は矛盾していることになります。(ヨハネ10:27-30を参考)

真のぶどうの木の比喩は明らかにこのように解釈するのが一番いいのです。木に〝とどまっている″枝は本当に救われている人です。―彼らは、実際キリストと真の重要な結合があります。キリストに"とどまって"いない枯れた枝は、救われたふりをする人たちで、木につながっていると見せかけているのですが何の命もキリストのいのちから得ることがないのです。最後に偽者たちはイエスとの正式の関係もないただの取り巻きだったということがばれます。一時的に、ペテロとユダはキリストとの歩みにおいて同じように見られました。 しかし、ペテロはぶどうの木に結ばれていましたが、ユダはそうではなかったのです。

ヨハネは枯れた枝の原則をこのように言い直しています。「彼ら(キリストに反対する人たち)は私たちの中から出ていきましたが、もともと私たちの仲間ではなかったのです。もし私たちの仲間であったのなら、私たちと一緒にとどまっていたことでしょう。しかし、そうなったのは、彼らがみな私たちの仲間でなかったことが明らかにされるためなのです。」(1ヨハネ2:19)

救いの証拠の一つは、根気強さ、又はキリストのうちにとどまり続ける、維持されてとどまることがあります。救われた人はキリストとともに歩み続けます。(黙示録2:26) つまり、キリストのうちに"とどまる"、キリストのうちに残るのです。 神が彼らの中での働きを完成されます。(ピリピ1:6)そして彼らは神の栄光のために多くの実を作り出します。(ヨハネ15:5)離れて、キリストに背を向ける、又はとどまらない人たちは単に救いに至る信仰がないことを示します。とどまることが私たちを救うのではありませんが救いのしるしのひとつなのです。

キリストにとどまっている証拠(本当に救われていてただそのふりをしているのではない証拠)には、キリストの命令に従うこと(ヨハネ15:10;1ヨハネ3:24);イエスの模範に従うこと(1ヨハネ2:6) 習慣としての罪から解放された生活(1ヨハネ3:6)生活の中で神の臨在に気付いている(1ヨハネ4:13)などが含まれます。

English


日本語のホームページに戻る
キリストのうちにとどまるとはどういう意味?

方法を見つける...

神と永遠に過ごす



神からの許しを受ける