アバドン/アポリュオンとは誰/何ですか?


質問: アバドン/アポリュオンとは誰/何ですか?

答え:
アバドン、またはアポリュオンと言う名前は黙示録9:11に出てきます。「彼らは、底知れぬ所のみ使いを王にいただいている。彼の名はヘブル語でアバドンといい、ギリシャ語でアポリュオンと言う。」 ヘブル語でアバドンとは"破壊"で、ギリシャ語のアポリュオンは、文字通り"破壊者"を意味します。

黙示録8-9章でヨハネは、み使いたちが7つのラッパを吹いて、地上に住む人々の上に、7つの異なった裁きが来ることを知らせる終末の期間について述べています。5番目のみ使いがラッパを吹くと、底知れぬ穴が開いて煙が立ち上り、悪魔のイナゴの大群が地上に出てきます。(黙示録9:1-3)これらの生き物は額に神の印を押されていない人間だけを拷問する力を与えられていました。(4節) 彼らの与えた苦痛は、非常にひどく人々は死を願うほどですが、死は許されないのでした。(6節) アバドン/アポリュオンは、底しれぬ所の支配者で、悪魔のイナゴの大群の王です。

アバドン/アポリュオンはしばしばサタンの別の名として使われています。しかしながら、聖書はサタンとアポリュオンとを区別しているようです。サタンは、後に、 黙示録で底しれぬ穴に1000年間閉じ込められるときに見られます。(黙示録20:1-3) それからサタンは解き放されて、地上に大破壊をもたらします。(7-8節)そして最終的に最後の永遠の罰を受けるのです。(10節)アバドン/アポリュオンは、サタンの手下のひとりで、エペソ6:12にある破壊する悪霊、"主権、力、この暗やみの世界の支配者たち"の中に入る破壊する悪霊たちのことでしょう。

ジョン.バンニャンの古典寓話、'天路歴程'の中に、クリスチャンがアポリュオンと言う名前の悪霊の怪物と戦う忘れられない場面があります。その名前の通り、アポリュオンはクリスチャンをもう少しで滅ぼすところでした。 巡礼者 はそのよろいで攻撃に対抗して、その剣を振り回し、悪霊を撃退します。バンニャンの´アポリュオン'は,私たちの霊的敵を象徴的に代表したものですが、その霊感は文字通りの人格に基づいています。黙示録のアバドン/アポリュオンはいつの日か、神の裁きの期間に人々を苦しめるために現れる実際の生き物です。

English


日本語のホームページに戻る
アバドン/アポリュオンとは誰/何ですか?