「聖霊はどのように炎のようなの?



 

質問: 「聖霊はどのように炎のようなの?

答え:
聖書には神が「燃えつくす火」(へブル12:29)と書いてありますから、神の臨在を指して炎が用いられる事は不思議ではありません。例としては燃え尽きない柴(出エジプト3:2)、幕屋を取り巻いた火の柱(出エジプト14:19; 民数記9:4-15)、またエゼキエルのまぼろし(エゼキエル1:4)等があります。また炎は神が裁きや(民数記11:1, 3, II列王紀1:10, 12)その力を示す物(士師記13:20; I列王紀18:38)としても用いられています。

当然のことながら、火は旧約時代の生贄を捧げるために重要な物でした。祭壇のうえで生贄を燃やすその火は神自身が送った神の賜物でした(レビ記9:24)。神は祭司達にそのひを燃やし続けるようにと命じ(レビ記6:13)、神が送った火以外の火は受け入れないという事も明確に語られました(レビ記10:1-2)。

新約聖書では私たちの神への忠誠心を表しでいます。キリスト者として、私たちは自分の体を「生きた供え物」として、聖霊の炎を通して捧げるようにと命じられています(ローマ12:1) 。新約聖書の始めから聖霊は炎と関係付けられています。バプテスマのヨハネがイエスについて「その方は、あなたがたに聖霊と火とのバプテスマをお授けになります。」(マタイ3:11)と言っています。初代教会の時代に聖霊がキリスト者の内に住む働きを始めた際、聖霊は「炎のような分かれた舌」という形で使徒達の上に現れてとどまりました。その時、「みなが聖霊に満たされ、御霊が話させてくださるとおりに、他国のことばで話しだした。」(使徒2:3-4)と書いてあります。

炎は聖霊の働きをとてもよく描いています。聖霊が炎のようであると最低三つの面で言えるでしょう。聖霊は神の臨在、神の情熱、そして神の聖さをもたらすのです。聖霊はキリスト者の内に住んで下さるので神の臨在をもたらすのです(ローマ8:9)。旧約聖書で、神は幕屋の上の炎をとおしてその臨在をイスラエル人達に示されました(民数記9:14-15)。この炎の臨在は人々に光と導きを与えました(民数記9:17-23)。新約聖書では神は聖霊を神の神殿であるキリスト者の体(IIコリント5:1; 6:16)の内に住まわせる事を通して人々を導かれ、慰めを与えるのです。

聖霊は神の情熱を私たちに与えて下さいます。蘇ったイエスと共にエマオ途上の道のりを歩いた弟子達は心が内に燃えていたといっています(ルカ24:32)。ペンテコステの日に聖霊を受け取った使徒達は生涯消える事のない情熱をもって神のみことばを語り続けたのです(使徒4:31)。

聖霊は私たちの生活の内に神の聖さをもたらして下さいます。神のご計画は私たちを聖くする事(テトス2:14)であり、それは聖霊の役割なのです(Iコリント6:11; IIテサロニケ2:13; Iペテロ1:2)。鍛冶屋が炎を通して貴金属から不純物を取り除くように、神も聖霊の炎を通して私たちの罪を取り除いて下さるのです(詩篇66:10; 箴言17:3)。神の炎は私たちを聖くしてくれるのです。



日本語のホームページに戻る



「聖霊はどのように炎のようなの?