旧約聖書での聖霊の役割は何?



 

質問: 旧約聖書での聖霊の役割は何?

答え:
聖霊の旧約聖書での役割は新約聖書でのそれとよく似ています。聖霊の役割には主に4つの分野があります。1)人の新生。2)人の内に住む。3)抑制。4)仕える際の力を与える。聖霊のこれらの役割は旧新約聖書のどちらにも見る事ができます。

聖霊の一つ目の役割は人の新生です。新生は「生まれ変わる」事を指しています。よって、キリスト者達が救われた際に生まれ変わるという言い回しがあるのです。この概念はヨハネの福音書にあり、「まことに、まことに、あなたに告げます。人は、新しく生まれなければ、神の国を見ることはできません。」(ヨハネ3:3)それでは、この新生の働きは聖霊の旧約聖書での働きとどんな関係があるのでしょうか?イエスはニコデモとの会話の中で「あなたはイスラエルの教師でありながら、こういうことがわからないのですか」(ヨハネ3:10)と言っていますが、イエスがニコデモに言っていたのは、聖霊こそが新しい命を与える方であり、それは旧約聖書にはっきりと書いてあるという事でした。例えば、モーセはイスラエルが約束の地に入る前に「あなたの神、主は、あなたの心と、あなたの子孫の心を包む皮を切り捨てて、あなたが心を尽くし、精神を尽くし、あなたの神、主を愛し、それであなたが生きるようにされる」(申命記30:6)と言っています。心の包皮の切り捨て(心の割礼)は神の霊の働きなのです。聖霊による新生の概念はエゼキエル11:19-20とエゼキエル36:26-29にも書いてあります。

聖霊による新生の結ぶ実は信仰です(エペソ2:8)。今、私たちはへブル11章を通して旧約聖書時代に信仰の人が多くいた事を知っています。信仰が聖霊の新生を通して与えられるのならば、それは十字架を待ち望み、神の救いの計画の成就を待ち望んだ旧約時代の人々の信仰も聖霊から与えられた物でしょう。彼らは約束を「はるかにそれを見て喜び迎え 」たのです(へブル11:13)。

聖霊の二つ目の役割は人の内に住む、または人を満たす事です。この役割については、旧約聖書と新約聖書聖書での働きの違いがよく見えます。新約聖書では聖霊が永遠にキリスト者の内に住む事が教えられています(Iコリント3:16-17; 6:19-20)。私たちがキリストを信じ救われたなら、聖霊が私たちの内に住んで下さいます。パウロはこの聖霊が内に住んで下さる事を「私たちが御国を受け継ぐことの保証」(エペソ1:13-14)と呼んでいます。聖霊の新約聖書での働きとは対照的に、旧約聖書に書かれている聖霊の内に住むという働きは限定的であり、一時的な物でした。聖霊はヨシュア(民数記27:18)や、ダビデ(Iサムエル16:12-13)、またサウル(Iサムエル10:10)の上に臨まれました。士師記でも神の霊が神がイスラエルを様々な敵から救い出すために選び出された士師達の上に臨まれた事が記録されています。聖霊はこれらの人々が特定の働きをするために臨まれたのです。聖霊が人を満たす事は神のその人に対する喜びを表し(例えばダビデ)、その人が神を悲しませるならば神の霊はその人から取り去られました(Iサムエル16:14のサウル参照)。しかしながら神の霊が人に臨む事はその人の霊的状態の良さを表しているわけではありませんでした。(サウル、サムソンや多くの士師達参照)。よって、新約聖書からは聖霊がキリスト者の内にのみ、永遠に住まわれるようになりましたが、旧約聖書時代には聖霊は特定の人々が特定の働きをするために、その人が霊的にどんな状態であっても臨まれた事がわかります。その人の働きが終わった際に聖霊はその人から去ったのです。

聖霊の三つ目の役割は罪の抑制です。創世記6:3で聖霊が人の罪を抑制し、神の罪に対する寛容が限界に達する際にはその抑制が取り去られる事が書かれているようです。この概念はIIテサロニケ2:3-8にも書かれていて終末の時に信仰から背教の増加が神の裁きの引き金になると書かれています。「不法の人」(3節)が現れるまでに聖霊はサタンの力を引き止めていると書いていあります。

聖霊の四つ目の役割は仕える力を人に与えるという物です。新約聖書で御霊の賜物が紹介されているように、旧約聖書でも聖霊は特定の人々に仕えるための賜物を与えられました。出エジプト31:2-5のベツァルエルは会見の天幕のための細工を巧みに設計する賜物を与えられました。さらに上で書かれている一時的に聖霊が内に住んだ人々はイスラエルを治める等の特定の働きをするための賜物が与えられたのです(サウルやダビデ参照)。

聖霊の天地創造の際の役割についても書いておきましょう。創世記1:2で神の霊が「水の上を動いていた」と書いてあり、天地創造をした事がわかります。同じように聖霊は新しい創造の役割も持っていて(IIコリント5:17)、新生をもって人々を神の王国に導き入れるのです。

つまりは、聖霊の役割は旧約聖書の時代から今までほぼ同じなのです。一番大きな違いは今は聖霊が全てのキリスト者の内に永遠に住んで下さるという事です。これはイエスが聖霊の働きの一部が変わる事を指して「その方はあなたがたとともに住み、あなたがたのうちにおられるからです。 」(ヨハネ14:17)と言われた通りです。



日本語のホームページに戻る



旧約聖書での聖霊の役割は何?