旧約聖書神学とは何?


質問: 旧約聖書神学とは何?

答え:
旧約聖書神学とは、旧約聖書の中で神がご自分について啓示されたことを研究する学びです。旧約聖書神学の組織は旧約聖書の各書が神について教えているいろいろな真理を組織的な方法で表わしします。神のご自分についての啓示は、創世記1:1 :「はじめに神が天と地を創造した。」で始まります。 神とその創造のわざという前提は、すべての信者が信仰によって受け入れて、創世記から黙示録までを通して強調されています。

旧約聖書神学は旧約聖書の中で神がご自分を現されたこととその性質、性格などの、豊かで有益な学びです。旧約聖書は主に、創世記12章のアブラハムの召しで始まるユダヤ人と神との関係に注目しています。神はイスラエルを選んで、神のメッセージを世界に伝え、最終的にメシヤを遣わして私たちを罪から救う目的でイスラエルと契約を結ばれました。 ユダヤ人との関係を通して、神は全世界を祝福されました。(創世記‘12:3) 旧約聖書は、神ご自身の漸進的な啓示、特に神の選民にだけにではなく、異邦人に対してもされた啓示を記録しています。それは私たちが神は誰か、世界に対する神の計画は何かを知るためでした。旧約聖書の中心には神と人間との間の契約という考えが織り込まれています。最初の契約はアダム、その他ノア、アブラハム、イスラエル国家、ダビデとの契約があります。

旧約聖書神学は、神と世界に対する神の目的を私たちが理解するための基礎となります。身代わりの贖い、救い、選び、神聖、憐れみ、裁き、赦しなどの教理の種はみな旧約聖書の中に見つけることができます。旧約聖書神学のの学びには、極めて重要な主題の中に,純神学、人類学、終末論などがあります。

English
日本語のホームページに戻る
旧約聖書神学とは何?