新約聖書神学とは何?


質問: 新約聖書神学とは何?

答え:
新約聖書神学は、神が新約聖書にご自分を現されたことを学びます。新約聖書神学の組織は新約聖書の各書が、神について教えている様々な真理を取り入れて組織化された方法で提供しています。 新約聖書は、旧約聖書で預言されたメシヤの来臨(イザヤ9章、)メシヤのイスラエルによる 拒否、律法の成就、新約聖書の教会(キリストの体)の誕生、教会時代、イエス.キリストの福音、そしてイエス.キリストの信者のための教訓を明らかにしています。

新しい契約(または新約)ということばは最後の晩餐の時イエスが言われました。(ルカ22:20)パウロは彼が召されたのは新しい契約に仕える者となるためだと言っています。(2コリント3:6)旧約聖書はユダヤ人国家の召命と歴史の記録です。その中にモーセの律法が含まれています。イスラエルは長年この古い契約に縛られていました。 新しい契約は律法からのキリストの贖いの歴史と適用を扱っています。(ガラテヤ4:4-5)キリストが十字架上での死を通して備えられた贖いです。(エペソ1:7) 新しい契約なので、古い契約にとって代わるのです。(へブル8:6、13)

神学とは、時間の始まりから黙示録の終わりまで、神が人間に漸進的に啓示された聖書の教理を学ぶことです。新約聖書神学は主に、キリスト論、教会論、救済論 の研究を取り扱います。それは、終末論、聖霊論、天使論、罪論とその他の分野の神学のさらなる理解を助けます。

English
日本語のホームページに戻る
新約聖書神学とは何?