み使いのかしらミカエルとは誰?


質問: み使いのかしらミカエルとは誰?

答え:
み使いのかしらミカエルは聖書に出てきます。ダニエル書、ユダと黙示録に霊的戦いに立ち上がる戦士としてのみ使いとして述べてあります。 archangel (み使いのかし)という語の意味は天使長、最高階級のみ使いという意味があります。聖書の中に出てくるほとんどのみ使いは、メッセンジャーとして描かれていますが、ミカエルは三つの書全部に、争う、戦う、または悪霊たちに対して立ち上がるみ使いとして描かれています。(ダニエル10:13;21;ユダ9;黙示録12:7)み使いに関して私たちには完全な知識はありません。聖書では二人だけのみ使いが名前を持っています。(ガブリエルがミカエル以外のみ使いで名前があります。)聖書は人間の出来事の間に彼らの動きのヒントしか与えていません。しかし、み使いのかしらミカエルは非常に力あるみ使いだと言ってよいでしょう。

偉大な力があるにも関わらず、ミカエルは主に対して完全に従順です。ユダ9節では、彼がいかに主の力に頼っているかがわかります。義なるみ使いたちには階級があります。そして権威に従順です。み使いたちが妻が夫に従順であることの絵として使われる理由です(1コリント11:10)大天使長としてのミカエルの力を考慮すると、彼の神への従順さはより美しく見えます。み使いの服従が女性の服従すべきことの議論だとしたら、服従は女性の力、または目的、価値を取り上げるためではなかったことがわかります。

預言者ダニエルは、み使いのかしらミカエル、「あなたの国の人々を守る大いなる君」が立ち上がると伝えられました。(ダニエル12:1)ダニエルの国の人々とはユダヤ人です。ミカエルが彼らを守るということは、神が様々な聖なるみ使いたちを様々な国々、または人々のグループの上に置かれたということを暗示しています。 事実、悪霊にも似たような階級があるようです。(ダニエル10:20)ミカエルが「大いなる君」だという事実は、彼が霊的領域において権威を持っていることを示しています。ほかにもいます。―ダニエル10:13で、ミカエルは、「第一の君のひとり」 と呼ばれています。

大天使長(み使いのかしら)ミカエルは、終わりの時の出来事に重要な役割を果たすようです。ダニエルは、主のみ使いから、終わりの時にミカエルが立ち上がり、国が始まって以来、かつてなかったほどの苦難の時―大艱難時代のこと―が来る伝えられています。(ダニエル12:1)イスラエルはこの期間、守りを保証されています。―この後、大勢の人々が復活します。― 幾人かは永遠のいのちへ、ほかの人は永遠のそしりと永遠の忌みに。(ダニエル12:2)協会の空中携挙は、み使いのかしらの声を伴っています。(1テサロニケ4:16)これはミカエルのことですが、聖書はここでは特に名前を与えていません。

最後にみ使いのかしらミカエルが出てくるのは、黙示録12:7です。艱難時代に、「天に戦いが起こって、ミカエルと彼の使いたちは、竜と戦った。それで、竜とその使いたちは、応戦したが、」ミカエルの天の軍隊は竜(サタン)に勝って、竜は地上に投げ落とされます。そこで、激しく怒って「神の戒めを守り、イエスのあかしを保っている者たちと戦おうとして出て行った。」のです。(黙示録12:17)

人間の心とたましいのための霊的戦いが今でも続いています。み使いのかしらミカエルはイスラエルを守る強力なみ使いのかしらです。彼は神に従順にサタンと戦って神に仕えています。. 悪魔は最悪のことをすることができますが、天の軍勢を征服するほどの力はありません。(黙示録12:8)

English
日本語のホームページに戻る
み使いのかしらミカエルとは誰?