主の晩餐/聖餐式はどれだけひんぱんに行われるべきですか?


質問: 主の晩餐/聖餐式はどれだけひんぱんに行われるべきですか?

答え:
聖書はどこにも聖餐式をどれだけひんぱんにするべきか教えていません。1コリント11:23-26では、以下の聖餐式に関する教えを述べています。「主イエスは、渡される夜、パンを取り、感謝をささげて後、それを裂き、こう言われました。『これはあなた方のためのわたしのからだです。わたしを覚えてこれを行いなさい。』夕食の後、杯をも同じようにして言われました。『この杯は、わたしの血による新しい契約です。これを飲むたびに、わたしを覚えてこれを行いなさい。』ですから、あなた方は、このパンを食べ、この杯を飲むたびに、主が来られるまで、主の死を告げ知らせるのです。」この箇所は 、聖餐式を行うために、また私たちが行っているその意味を理解するための教えをすべて示しています。

イエスが裂かれたパンは十字架の上で私たちのために裂かれたイエスのからだを代表しています。杯は、私たちのためにイエスが流された血を代表して、イエスと私たちの間の契約の証印です。 聖餐式を行うたびに、私たちはイエスが私たちのためにしてくださったことを覚えるだけではなく、それを見ている人たちと行っている人にも、そのことを見せているのです。聖餐式は、十字架上で起こった事とその意味、そして信者としての私たちにどんな影響を与えるかの美しい絵 なのです。

主の晩餐で私たちは主の死を思い出すので、かなり頻繁に行うべきことのように思えます。毎月聖餐式を行う教会もあります。他の教会では月に二回、別の教会は毎週行なう所もあります。 聖書にはどれだけひんぱんに行うべきか特定した指令はないので、主の晩餐をどれだけ頻繁に行うかに関して自由を与えられます。 キリストにさらに新しく焦点を当てるのに充分なだけの頻繁さで、また反対にあまりにも頻繁過ぎて単なる慣例にならないようにするべきです。 いずれにしろ、重要なのは頻繁さではなく、参加する人の心の態度が問題なのです 。私たちは、敬虔と愛と主イエスに対する深い感謝の気持ちをもって聖餐式にあずかるべきです。キリストは自分から私たちの罪のために十字架で死んでくださったのですから。

English
日本語のホームページに戻る
主の晩餐/聖餐式はどれだけひんぱんに行われるべきですか?