主の日とは何?


質問: 主の日とは何?

答え:
主の日とは(特に裁きの時を意味する〝主の日″とは違う)日曜日のことです。主の日ということばは聖書では一度だけ使われています。黙示録1:10は、「私は、主の日に御霊に感じ、私のうしろに.ラッパの音のような大きな声を聞いた。」と言っています。 使徒ヨハネは〝主の日"の意味を念入りに説明していないので、ヨハネの宛てた読者、一世紀のクリスチャンたちはすでにこの表現に慣れていたと思われます。

ある人たちは主の日は新約書の安息日の同意語だと受け取ります。安息日は、イスラエル国家がエジプトから神によって解放されたことを記念するために、神が設定されました。(申命記5:15)安息日は金曜日の日没から始まり、土曜日の日没に終わりました。創造主が7日目に休まれたことと象徴的に、すべての労働から完全に休む日でなければなりませんでした。(創世記2:2-3;出エジプト記20:11;23:12) 安息日は、最高の神に従う者として聖別されたイスラエル人にとっての特別なしるしでした。彼らが安息日を守ることは、周囲の他の国と区別する助けになりました。 しかし、聖書のどこにも安息日が主の日だとは記されていません。新約時代に入っても安息日ということばはユダヤ人社会でまだ使われていました。イエスも使徒たちも安息日のことに言及しています。(マタイ12:5;ヨハネ7:23;コロサイ2:16)

日曜日はイエス.キリストが死からよみがえられた日でした。イエスの復活は、キリスト教を他のどの宗教からも永遠に切り離す事件でした。(ヨハネ20:1)その時以来、信者は週の初めの日にキリストが罪と死に勝利されたことを祝うために集まって来ました。(使徒伝20:7;1コリント16:2)安息日は神によって聖なる日と指定されましたが、イエスは安息日の主だということを示されました。(マタイ12:8)イエスは律法を排除するためにではなく、全部の律法を成就させるために来たと言われました。規則を守ることでは、誰も正しいことにはなりません。イエスを通してだけ、罪深い人間は義であると認められるのです。(ローマ書3:28)パウロはコロサイ2:16-17でもこの真理を繰り返しています。「こういうわけですから、食べ物と飲み物について、あるいは、祭りや新月や安息日のことについて、誰もあなたがたを批評させてはなりません。これらは次に来るものの影であって、本体はキリストにあるのです。」と書いています。

主の日は典型的に日曜だと思われてきましたがユダヤ教の安息日の写しではありません。つまり、日曜日は〝クリスチャンの安息日″ではないのです。私たちのために死んでよみがえられた主をあがめて、休みの日を取っておくべきなのですが、私たちは律法の下にはありません。(ローマ書6:14-15) 新生してイエスに従う者として、私たちは、私たちの良心が決めるどの日にでも自由にイエスを礼拝することができます。 ローマ書14章は、クリスチャンが微妙な灰色の領域を弟子としてどのように操縦するべきかはっきりした説明がしてあります。4‐6節には,「あなたはいったい誰なので、他人のしもべを裁くのですか。しもべが立つのも倒れるのも、その主人の心次第です。このしもべは立つのです。なぜなら、主には彼を立たせることができるからです。ある日を他の日に比べて、大事だと考える人もいますが、どの日も同じだと考える人もいます。それぞれ自分の心の中で確信を持ちなさい。日を守る人は、主のために守っています。食べる人は、主のために食べています。なぜなら、神に感謝しているからです。食べない人も、主のために食べないのであって、神に感謝しているのです。」と書いてあります。

あるメシヤ的ユダヤ人の中には、安息日を聖なる日だと続けて思っていたいという人もいます。それは彼らユダヤ人の遺産だからです。異邦人のクリスチャンの中にも、ユダヤ人の兄弟姉妹たちと共に、神をあがめる方法として安息日を守る人もいます。 安息日に神を礼拝することは受け入れられます。― 週のいつの日かということは最も重大な問題ではありません。― しかしその選択の裏にある心の動機が重要です。もし律法主義や律法を守ることが安息日を守る選択の動機なら、その選択は正しい心の状態で選ばれたのではないことになります。(ガラテヤ5:4) 私たちの心が神の前で清いなら、私たちは、土曜日(安息日)にでも、または日曜日(主の日)にでも自由に神を礼拝することができるのです。神はどちらでも同等に喜んでくださいます。

イエスは預言者イザヤを引用して、律法主義に対して警告されました。「この民は、口先ではわたしを敬うが、その心は、わたしから遠く離れている。彼らが、わたしを拝んでも無駄なことである。人間の教えを教えとして教えるだけだから。」(マタイ15:8-9;イザヤ29:13を参照)神は私たちが儀式や規則や要求を守ることに興味を持ってはおられません。神は神の愛と恵みに燃える心を望んでおられます。それが安息日でも主の日にでも、その他すべての日にでも。(へブル書12:28-29;詩篇51:15-17)

English


日本語のホームページに戻る
主の日とは何?