イエスが礼拝をお受けになっている所を聖書は描いていますか?



 

質問: イエスが礼拝をお受けになっている所を聖書は描いていますか?

答え:
礼拝するとは、〝神という存在に尊敬(敬意)を示す″ことです。もしイエスが崇拝を受け、それを受け取られたのなら、そうすることでイエスはご自分の神性を確信されたことになります。 これは重要です。なぜなら、キリストの神性を否定して、神よりも下の地位に置く人たちがいるからです。そうです、イエスは礼拝を受けとられました。三位一体の二番目の位格として、イエスは神だったので、今でも礼拝を受けられているのです。

イエスの人生の初めから、イエスが礼拝されている例を見ることができます。東の博士たちが幼児イエスを見るとすぐ、「 彼らはひれ伏して拝んだ」のです。(マタイ2:11)聖書は、イエスがエルサレムに入場されたとき, 最初に受けられた反応 を記録しています。それで、群衆はしゅろの枝を切ってイエスを迎えて叫びました。「ダビデの子にホサナ。祝福あれ。主の御名によって来られる方に、ホサナ。 いと高き所に。」(マタイ21:9;ヨハネ12:13)〝ホサナ″ということばは、救いの嘆願で、礼拝を表現しています。群衆が使ったことばは、明らかに一種の礼拝です。

イエスが水の上を歩いて弟子たちを驚かせたすぐ後で、「そこで、舟の中にいた者たちは、イエスを拝んで、『確かにあなたは神の子です。』と言った。」(マタイ14:33)もう二つ、イエスが礼拝を受けられた忘れられない例があります。ちょうどよみがえられたすぐ後のことでした。女性たちの幾人かが(マタイ21:1;マルコ16:1;ルカ24:10)弟子たちにイエスのよみがえられたことを知らせに行く途中、イエスが出会われました。それが主イエスであることに気付いて、「彼女たちは近寄って、御足を抱いてイエスを拝んだ。」(マタイ28:9)

それから、他の弟子たちが証して言ったにもかかわらず、イエスが復活されたことを信じなかったトマスの例があります。それは復活から約一週間経ちました。トマスはまだ疑っていました。イエスはトマスが疑っていることを知っておられて、彼の前に現れ、手と足との釘のあとと脇腹の傷を示されました。 トマスはどのように反応しましたか? 「トマスは答えて言った。『私の主。私の神。』(ヨハネ20:28)人が間違って、他のただの人やみ使いでさえ拝んだ時、それを拒んで、止めるようにと言ったのですが、(使徒伝10:25-26;黙示録19:9-10)以上、どの場合もイエスが拝むのを止めなさいと言われたことはありません。

私たちは今日でもイエスに礼拝を捧げます。自分を生きたささげ物として-イエス,キリストに信仰を置くことで、自分自身を神に捧げるのです。そして神の御心に従うのです。(ローマ12:1-2)イエスは言われました。「 神は霊ですから、神を礼拝する者は霊とまことによって礼拝しなければなりません。」(ヨハネ4:24)私たちは神の命令に従うことで、霊とまことによって神を礼拝します。礼拝は単に、イエスに頭を下げたり、しゅろの枝を足元に投げたり、イエスに対する愛について歌ったり叫んだりするだけではありません。礼拝とは神を知り、神と交わり、神に仕えて、神を信頼することなのです。



日本語のホームページに戻る



イエスが礼拝をお受けになっている所を聖書は描いていますか?