イエスが私たちの安息とはどういう事?



 

質問: イエスが私たちの安息とはどういう事?

答え:
イエスが私たちの安息である事を理解する際に重要なのはヘブル語の単語「シャバット」です。この単語には「休む、または仕事を休止する」といういみがあります。この単語の語源は天地創造までさかのぼり、神が六日間で天地を創造して、「神は第七日目に、なさっていたわざの完成を告げられた。すなわち第七日目に、なさっていたすべてのわざを休まれた。」(創世記2:2)という箇所から来ています。これは神が疲労を感じて休む必要があったわけではありません。神は全能の神でありますから、疲れる事はなく、どれほどその御力を用いられてもその力が減る事はありません。神はそのわざを休まれ、キリストにある安息と安息日の大切さを教えておられるのです。

上に書いてある通り、神は天地創造の七日目の休息を模範として、御自身の民に安息日の大切さを示しています。出エジプト20:8-11と申命記5:12-15に書いてある十戒の内の第四戒で神はイスラエルの民に安息日を覚えてそれを聖なる日とするようにと命じました。週に一日、イスラエルの民はすべての働きを止め、奴隷や家畜にも休みを与える必要がありました。それはすべての仕事の休止を意味していました。どんな仕事も週に一回丸一日休止し、それを通して人々は新しい週を休まった状態で始める事ができたのです。(安息日、日曜か土曜の記事も合わせて読んでみてください)

安息日は色々な面で来るべき、神の民に永遠の安息を与えてくださるメシヤを示していました。旧約聖書の律法のもとに、イスラエルの民は常に神に受け入れられるために「働いて」いました。民は社会的に、神殿で、清めの面で、また他の多くのしなければいけない事、してはならない事が記してある律法を事細かに守っていました。もちろんそれらを完全に守る事はできませんから、一時的にですが民が生贄を通して神の前に赦しを得る事が出来るようにと罪過の生贄の決まりも民に与えられました。安息日の休息の後に仕事を再開したように、民は生贄も捧げ続けました。ヘブル10:1では「律法には、後に来るすばらしいものの影はあっても、その実物はないのですから、律法は、年ごとに絶えずささげられる同じいけにえによって神に近づいて来る人々を、完全にすることができないのです。 」とかいてあります。しかしこれらの生贄はやがて来られるメシヤである、キリストの十字架での生贄を予示していました。このキリストは「罪のために一つの永遠のいけにえをささげて後、神の右の座に着き」(ヘブル10:12)ました。この究極の生贄を捧げて後、イエスは御座に着き、休まれました-つまり贖いのわざを成就され、それ以上何もする必要がないのでイエスは休まれたのです。イエスは贖いのわざを完了たからこそ(ヨハネ19:30)、私たちも神の御前に義と認められるために働く必要はないのです。イエスは私たちが神にあって、またその救いを通して安息を得るために来られたのです。

安息日に関してもう一つ大切な事は神が安息日を祝福され、聖とされたという事です。この点でもキリストが私たちの安息である事がわかります-聖であり完全である神の御子が信じる全ての者を、神が安息日を聖とされたように聖としてくださるのです。神はキリストをとりわけて世に遣わされました(ヨハネ10:36)。私たちはキリストにあって人間的な努力から救われて安息を得る事ができるのです。それはイエスのみが聖なる方で義である方だからです。「神は、罪を知らない方を、私たちの代わりに罪とされました。それは、私たちが、この方にあって、神の義となるためです。」(IIコリント5:21)。私たちは週に一度だけでなく、常に霊的安息をイエスにあって経験する事ができるのです。

さらにイエスは「安息日の主」(マタイ12:8)であるから私たちの安息なのです。人となられた神であるキリストは安息日の本当の意味を定められました。キリストは安息日を創造された、私たちの安息なのです。パリサイ人達が安息日に人を癒したイエスを非難した際、イエスは彼らも自分の家畜を穴から助け出すであろうと言われました。イエスは失われた羊を探して救うために来られました。ですから安息日の「決まり」を破る事もできたのです。人は家畜よりも大切であり、イエスが与えられる救いは「決まり」よりも大切です。「安息日は人間のために設けられたのです。人間が安息日のために造られたのではありません」(マルコ2:27)と教えられたイエスは安息日は人々に休息を与えるために創造された物である事を教えました。パリサイ人達はこの安息日の意味を捻じ曲げ、多くの決まりで人々を縛り付ける物としてしまったのです。イエスは私たちをその恵みを通して律法から解放するために来られました(ヨハネ1:17; ローマ6:14)。イエスは安息日の主であり、私たちが行いを通して救いを得ようとする事から解放してくださいました。私たちは私たちのために救いを成し遂げてくださったイエスによって休息を得るのです。

ヘブル4章はイエスが私たちの安息である事を示している章です。私たちはキリストが与えてくださる安息に「入る」ようにと教えられていますが、その反対となる行動は荒野でイスラエルの民がしたように心を頑なにする事です。民の不信仰のゆえに神は「わたしは、怒りをもって誓ったように、決して彼らをわたしの安息に入らせない。」(ヘブル3:11)と言われ、イスラエルの世代一つが約束の地に入る事を禁止しました。ヘブル書の著者は私たちに、イエスにある神の安息を拒んでイスラエルの民と同じ過ちを犯さないようにと警告しています。「したがって、安息日の休みは、神の民のためにまだ残っているのです。 神の安息に入った者ならば、神がご自分のわざを終えて休まれたように、自分のわざを終えて休んだはずです。 ですから、私たちは、この安息に入るよう力を尽くして努め、あの不従順の例にならって落後する者が、ひとりもいないようにしようではありませんか。」(ヘブル4:9-11)。

イエスの他には安息はありません。イエスのみが律法を成就し、イエスのみが私たちの罪の贖いの生贄となる事が出来るのです。イエスこそが神が私たちのために下さった、人間的な行いから解放し、安息を下さる方なのです。私たちはこの唯一の救いの道を拒まないようにしましょう(ヨハネ14:6)。神が御自分の御計画を拒む者に対してどのような反応を示すのかは民数記15章に書いてあります。この箇所では明確な、仕事をしてはならないという神の命令に反し、安息日にたきぎを集めている者がいて、その者について神はモーセに「この者は必ず殺されなければならない。全会衆は宿営の外で、彼を石で打ち殺さなければならない。」(35節)と言われました。ですから、イエスキリストによって与えられた安息を拒む人々もそのようにさばきを受けるのです。「 私たちがこんなにすばらしい救いをないがしろにした場合、どうしてのがれることができましょう。 」(ヘブル2:3)と書かれている通りです。



日本語のホームページに戻る



イエスが私たちの安息とはどういう事?