もし私たちの罪の罰が永遠に地獄へ行くことなら、イエスの死はどうやって私たちの罰の代価を支払うことになるのですか?もしイエスが永遠に地獄に行かれなかったのなら。?



 

質問: もし私たちの罪の罰が永遠に地獄へ行くことなら、イエスの死はどうやって私たちの罰の代価を支払うことになるのですか?もしイエスが永遠に地獄に行かれなかったのなら。?

答え:
もし私たちがイエスを単なる人間だと思うなら、これは自然な質問です。しかし、イエスが永遠に地獄に行かなくていい理由は、イエスがただの人間ではなく、神であり人でもあったからです。 三位一体の神の二番目の位格は人となられて人間の間に住まわれました。しかし、イエスは他の人とは全く違った人でした。なぜなら、その性質は神野性質だったからです。―完全で聖なる無限な神でした。

聖書の数か所で、この事実を証明しています。ヨハネの福音書の始まりの箇所などです。以下のことを読むことができます。

「初めに、ことばがあった。ことばは神と共にあった。ことばは神であった。この方は初めに神と共におられた。すべてのものは、この方によって造られた。造られたもので、この方によらずにできたものは一つもない。この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった。、、、ことばは人となって、私たちの間に住まわれた。私たちはこの方の栄光を見た。父のみもとから来られたひとり子としての栄光である。この方は恵とまことに満ちておられた。」(ヨハネ1:1-3、14)

この箇所は、神と共に永遠で、神と同じ要素を持つ永遠のことばが人となられて、私たちの間に住まわれた("テントを張る"又は"天幕に住まわれた"ことを明らかに証しています。イエスについて使徒パウロが言っているように、「キリストのうちにこそ、神の満ち満ちたご性質が形をとっています。」(コロサイ2:9)

そのことを頭に入れて、この質問をもっと詳しく見てみましょう。私たちの罪のための罰は永遠の地獄だということは確かです。聖書はすべての人が罪を犯した(ローマ3:23)と言っています。それで、罪の報酬は死である(ローマ6:23)と言っています。黙示録は、子羊のいのちの書に名前のない人は火の池に投げ込まれて永遠に苦しめられると言っています。(黙示録20:10,15)

しかし、イエスの死がどうやって今までに生きたすべての人の罰を贖うことができるのでしょう?ここでイエスが神であり人であるという議論が入って来ます。 もしイエスがただの人だったら(自分の罪を持った人)イエスの死はその罪さえも贖うことはできないし、それどころか他の人の罪をも贖うことはできないでしょう。 しかし、イエスはただの人ではありません。人として肉体を取られた神.です。人としてご自分を犠牲にされた人たちに共鳴することができます。完全で罪のない人として、自分の罪をまず贖ってからではなく、ほかの人間の罪を贖う ことができるのです。最後に神として、イエスは私たちの罪が招く神の怒りを完全に満足させることができるのです。

無限の神に対する罪は、無限に支払われなければなりません。私たちの罪の代価が永遠に無限に支払わなければならない理由です。 無限の支払いには二つの選択しかありません。有限の被造物(人間)が罪の代価を無限に支払うか、無限のお方(イエス)が一度限りすべての人のために支払うかのどちらかです。他の選択はありません。無限の聖なる神に対する罪はその代価として同様に無限の満足が要求されますが、永遠の地獄でさえ、罪に対する無限の神の義なる怒りを鎮めることはできません。神なるお方だけが、私たちの罪に対する聖なる神の無限の怒りに耐えることができるのです。神の怒りを満足させるためには、同等に無限なお方が人間の身代わりになることを要求されます。 神であり人であるお方として、イエスだけが救い主になれるお方なのです。

English



日本語のホームページに戻る



もし私たちの罪の罰が永遠に地獄へ行くことなら、イエスの死はどうやって私たちの罰の代価を支払うことになるのですか?もしイエスが永遠に地獄に行かれなかったのなら。?