イエスはどういう見た目だったの?


質問: イエスはどういう見た目だったの?

答え:
イエスの見た目について聖書には何も書かれていません。イエスの外見について書かれている可能性があるのはイザヤ53:2b「彼には、私たちが見とれるような姿もなく、輝きもなく、私たちが慕うような見ばえもない。」という物です。この箇所からわかるのはイエスの外見は他の人々と同じで、普通だったという事です。イザヤがここで言っているのは、来たるべき苦しみを受ける神のしもべはへり下った形で来られ、世界の王であるという事実を明確にさせる形で、きらびやかな形でこのよに来られるのではないという事で、イエスの本当の姿は信仰の目によってのみ見えるという事でした。

イザヤはさらにキリストが十字架につけられる前に鞭で打たれる様子を描き、「 ―その顔だちは、そこなわれて人のようではなく、その姿も人の子らとは違っていた―」(イザヤ52:14)と書いています。これらの文章はイエスが受けられた苦しみが残酷な物で、イエスの姿が見るにも無残だった事を表しているのです(マタイ26:67, 27:30; ヨハネ19:3)。あまりにも酷いその姿に人々は驚きの目でイエスをみたのです。

現代、私達が目にするイエスの姿のほとんどは不正確なものでしょう。イエスはユダヤ人でしたから肌は色黒で、目も髪の色もおそらく黒だったでしょう。ですから私達がよく目にする金髪で、目が青くて色白なイエスの画像や絵画とは程遠い姿だったのでしょう。一つ重要な事は、私達がイエスの見た目について何か知る必要があったのなら、イエスと三年間の年月を共にしたマタイやペテロやヨハネ、またイエスの兄弟出会ったヤコブやユダが正確な描写を私達のために残したでしょうが、新約聖書の著者達はイエスの見た目について何も書いていないという事です。

English
日本語のホームページに戻る
イエスはどういう見た目だったの?