イエスが私たちの罪のために死なれたとはどういう意味?



 

質問:イエスが私たちの罪のために死なれたとはどういう意味?

答え:
簡単に言えば、私たちのためのイエスの十字架上での死がなかったら、誰一人として永遠のいのちがないことになります。イエスご自身が言われました。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。」(ヨハネ14:6)この中で、イエスはご自分の誕生と死と復活の理由を宣言されました。―それは、自力では絶対に行くことのできない罪深い人間に天国へ行く道を備えるだめ でした。

神がアダムとエバを創造された時、すべてにおいて彼らは完全でした。そして、実際のパラダイス、エデンの園に住んでいました。(創世記2:15)神は人をご自分の姿に似せて造られました。つまり、彼らは自由意志で自分で選択したり決断する自由を持っていたということです。 創世記3章は、どうやってアダムとエバがサタンの誘惑とうそに負けてしまったかを述べています。そうすることで、彼らは神のみこころに従わなかったのです。禁じられていた善悪の知識の木から取って食べたのです。「神である主は人に命じて仰せられた。『あなたは園のどの木からでも思いのまま食べて良い。しかし、善悪の知識のからは取って食べてはならない。それを取って食べる時、あなたは必ず死ぬ。』」(創世記2:16-17)これは人が犯したはじめての罪です。その結果、人類はすべて、アダムから受け継いだ罪の性質のせいで、肉体の死と永遠の霊的死を体験せざるを得なくなったのです。

神はすべて罪を犯す者は必ず死ぬ、肉的にも霊的にも死ぬと宣言されました。これがすべての人間の運命です。しかし神はその恵みと憐れみでこのジレンマから脱出する道を備えてくださいました。完全な御子の十字架で流された血です。神は「血を注ぎ出すことがなければ、罪の赦しはないのです。」 (へブル9:22)と言われましたが、注ぎだされた血によって救いは備えられました。モーセの律法(出エジプト20:2-17)は人々が神の御前で“罪がない”とか “正しい”とか見なされるための方法を備えました。―罪のためのいけにえとして動物を捧げることでした。しかし、これらのいけにえは単に一時的なもので、完全な一度だけの十字架上でのキリストの犠牲の影 のようなものでした。(へブル10:10)

これがイエスが来られて、死なれた理由です。―私たちの罪のための究極的な最後の犠牲、完全な犠牲となるためです。(コロサイ1:22;第1ペテロ1:19)キリストを通して、永遠のいのちの約束が、イエス.キリストを信じる者の信仰によって、有効になるのです。「それは約束が、イエス.キリストに対する信仰によって、信じる人々に与えられるためです。」(ガラテヤ3:22)この“信仰”と“信じる”の二つのことばは、わたしたちの救いにとって重要です。私たちが永遠のいのちを受け取るのは、私たちの罪のために流されたキリストの犠牲の血を信じることを通してです。「あなたがたは恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。行いによるのではありません。誰も誇ることのないためです。」(エペソ2:8-9)



日本語のホームページに戻る



イエスが私たちの罪のために死なれたとはどういう意味?