イエスの来臨がいつか知ることはできますか?



 

質問: イエスの来臨がいつか知ることはできますか?

答え:
マタイ24:36-44で、イエスは「その日、その時がいつであるかは、誰も知りません。天の御使い たちも子も知りません。ただ父だけが知っておられます。,,,だから、あなたがたも用心指定なさい。なぜなら、人の子は、思いがけない時に来るのですから。」と言われました。一見すると、これらの節は、この質問に明確に答えているようです。いいえ、誰もイエスの来臨の時を知ることはできません。しかしながら、この箇所は誰も、絶対にイエスの来臨の時を知ることはできないとは言ってません。たいていの聖書学者は、イエスが今は天で栄光の御座に座しておられるので、来臨の時を知っておられるのだと言います。”人の子も知らない”という言葉は、イエスが栄光の座に着かれた今でもいつ来臨するかをご存知でないという意味ではないと言います。同様に、マタイ24:36-44は、あの時は誰もイエスの来臨がいつかは知らなかったが、将来神が誰かにイエスの来臨の時を明らかにされる可能性もあると示していると言う人もいます。

それに加えて、使徒伝1:7があります。「いつとか、どんな時とか言うことは、あなたがたは知らなくても良いのです。それは、父がご自分の権威を持ってお定めになっています。」これは、弟子たちが、今こそイスラエルの国を再興してくださるのかと聞いた後、イエスの言われたことばです。これはマタイ24章のメッセージを確認するように見えます。イエスの来臨の時を私たちは知らなくていいのです。しかし、これらの箇所がどの来臨を指しているのかという質問も出てきます。 空中掲挙のこと?または再び戻ってこられる来臨のこと? どの来臨が知ることができないのでしょうか?―空中軽挙、または再臨、または両方?空中軽挙は差し迫っていて(いつ起こってもいい)神秘的なこととして示される一方、再臨の時は終末論の預言に基づいて知る可能性があるかもしれません。

以上はさておき、はっきりしておくべきことは、神が、誰かにいつイエスが戻ってこられるかを明らかにされたとは信じません。さらに、神がいつの日か誰かに来臨の時を告げられると示している聖書箇所はどこにも何もありません。マタイ24:36-44は、イエスの時代の人達に直接語られたのですが,一般的な原則も含まれています。イエスの来臨の時と終末の時は私たちは知らなくていいということです。 聖書のどこにもその日を決定するようにと勧めてはいません。それよりも、「だから目を覚ましていなさい。あなたがたは自分の主がいつ来られるか、知らないからです。」(42節)私たちは、「用心していなさい。なぜなら、人の子は、思いがけない時に来るのですから。」(44節)と言われています。もし、後になって誰かがイエスの来臨の時を見つけることができるというのなら、イエスのおことばの力が薄れてしまいます。 もし、その日時がわかったなら、私たちはもう、目を覚まして、用心している必要がなくなります。それで、マタイ24:36-44の原則を頭に入れると、イエスの来臨の日時を知ることは誰にもできません。

このように明白な聖書の原則があるにもかかわらず、キリスト教の歴史上、多くの人がイエスの来臨の時を予言しようとしました。多くの日が提案されてきましたが、すべてが間違っていました。 最近、一般に提案された日が二つあります。2011年5月21日と2012年12月21日です。 2012年12月21日はマヤ人の暦と関係がありましたが、その証拠としての聖書的データは何も用いられませんでした。2011年5月21日の”さばきの日”はファミリーラジオのハロルド.キャンピングが提案しました。ハロルド.キャンピングが、以前イエスが1994年に戻って来られると予言したことに注意する必要があります。明らかに彼は間違っていました。彼は2011年5月21日 という日付けは聖書の中に証拠があると主張しました。彼は、推論的な紀元前4990年という年を大洪水の時だとして、2ペテロ3:8の「主の御前では、一日は千年のようであり」を創世記の7日(創世記7:4)に当てはめ、4990年から7000年を引いて,2011年という年を出しました。それから、創世記7:11の「第二の月の十七日」に基づいて、へブル式暦を用いて5月21日と決まりました。 キャンピングの方法は妥当でしょうか?

第一に、キャンピングは、2ペテロ3:8の次に来ることばを都合よく無視しています。「千年は一日のようです。」さらに、2ペテロ3:8は終末の日を計算するための方法を与えているのではないのです。それよりも、ペテロはただ、神は時間をはるかに越えたお方であると言っているのです。神は時間に縛られず、無限で永遠です。 第二に、創世記7:4-11の前後関係には、”7日”と”第二の月の17日”を、特に神がノアに言われた以外のことに適用して解釈すべきだとは少しも示していません。第三に、紀元前4990年が大洪水の年だというのは推論であるだけで、はっきりした聖書的証拠は全くありません。キャンピングの2011年5月21日という計算は、最も基本的な聖書的な検査の元に、崩れ落ちてしまいます。では、イエスが2011年5月21日に来臨されることは可能だったのでしょうか?はい、その通りですが、イエスが他の日に戻って来られることも同様に可能なのです。ハロルド.キャンピングの独特な計算の方法には聖書的に正当性があるのでしょうか?いいえ、ありません。残念ながら、キャンピングやその他の人たちは、また将来新しい日時を引き出して、” 計算の方程式に間違いがあった”とか何とか言って、間違いをうまく釈明しようとするでしょう。

鍵となる点は、1)聖書はどこにもイエスの来臨の時を発見するようにと勧めてはいない。 (2) 聖書にイエスの再臨の時を定めることができる明白なデータはどこにもない。それよりも、聖書は私たちに、いつも”目を覚ましていなさい””用心していなさい”と勧めています。(マタイ24:42-44)イエスの来臨の日時が知られていないという事実は、いつ起こってもいいキリストの来臨を踏まえて毎日を生きるための動機付けとなります。



日本語のホームページに戻る



イエスの来臨がいつか知ることはできますか?