イエスはなぜダビデの子と呼ばれているの?


質問:イエスはなぜダビデの子と呼ばれているの?

答え:
新約聖書には17箇所イエスを「ダビデの子」と呼ぶ箇所があります。しかし、どうやってイエスは1000年以上も前に生きたダビデの子となれるのでしょうか?その答えは、キリスト(メシヤ)はダビデの子孫の預言の成就だったからです(II サムエル7:14-16)。イエスは約束のメシヤであり、ダビデの子孫でした。マタイ1章の系図はイエスが地上の父親であるヨセフを通して直接ダビデの子孫であることを証明しています。またルカ3章の系図はイエスの母親であるマリヤを通してイエスが直接ダビデの子孫である事を証明しています。つまり、イエスはヨセフの養子として、そしてマリアとの血縁を通してダビデの子孫だったのです。しかしながら、イエスがダビデの子と呼ばれる時には大体、イエスが旧約聖書で預言されていたメシヤという意味をもって呼ばれているのです。

イエスは何度か「主、ダビデの子よ」と信仰をもってあわれみと癒しを求めた人々から呼ばれました。娘が悪霊によって苦しんでいた女性(マタイ15:22)、道端での二人の盲人達(マタイ15:22)、また盲人バルテマイ(マタイ10:47)は皆ダビデの子イエスに助けを求めました。彼らの信仰は彼らがイエスを呼んだ名前に表れています。彼らはイエスを「主」と呼ぶ事でイエスが神である事、イエスの力、そしてイエスの統治を認め、「ダビデの子」と呼ぶ事でイエスがメシヤであると信仰をもって告白したのです。

人々がイエスをダビデの子と呼んだ際にどんな意味合いがあったのかはパリサイ人達も知っていましたが、信仰をもって告白した人々とは違い、自らの高慢さによって目が閉じていた彼らは聖書をちゃんと理解する事なく、盲人の物乞い達が見えた事をーユダヤ人達が待ち続けていたメシヤが目の前にいるという事実をー見る事が出来ませんでした。パリサイ人達は自分達が受けるべきであろうと思っていた敬意を払わないイエスを嫌いました。従ってイエスを救い主として崇めた人々も嫌い、怒り(マタイ21:15)、イエスを殺す計画を立てたのです(ルカ19:47)。

さらにイエスはパリサイ人達に「ダビデの子」の肩書きがどういう意味があるのか説明するようにと命じることで彼らの誤りをあらわにしました。ダビデ自身がキリストを主と呼んでいるのに、どういうわけでキリストがダビデの子なのでしょう(マルコ12:35-37)?もちろん律法学者達はこの質問に答えることができませんでした。それによってイエスは彼らが律法を教える立場にいながら技能不足である事と、彼らが旧約聖書が救い主についてどのように書いてあるのかを本当に理解していないという事をあらわにしました。

神のひとり子であり世界のただ一つの救いの道である(使徒4:12)イエスキリストは、霊的にも、肉体的にもダビデの子なのです。

English
日本語のホームページに戻る
イエスはなぜダビデの子と呼ばれているの?