イスラエル学とは何?


質問: イスラエル学とは何?

答え:
イスラエル学とは、神学の部門で特に聖書がイスラエルについて何と教えているかに焦点を合わせています。最近のこの問題のカギとなる著者はドイツのアーノルド.フルクテンバウム、Ph.D (博士)アリエル.ミニストリーの創始者です。 彼は主に、イスラエルの土地と人々に関して聖書全部が教えていることを示すことに焦点を当てています。です。フルクテンバウム博士は、特に交換神学(教会が旧約聖書のイスラエル に取り換えられたという説)を拒んでいます。彼が注目しているように、唯一デイスペンセーション主義だけが「 イスラエルと教会の違いがはっきりしているので、組織的に聖書のイスラエルに関する教理を提供している」のです。

フルクテンバウムの働きはしばしばデイスペンセーション主義を支持する人々に受け入れられ、そうでない人々には広く拒否されています。しかしながら、イスラエル学を学ことは、すべての信者に多くの洞察を与えてくれます。例えば、イスラエル学は、今の教会とイスラエルがどのような役割があるのかを示しています。初代の使徒たちやクリスチャンがそうであったように、教会は、福音メッセージを(ユダヤ人も大宣教命令に含まれる世界の国の一つなので)、ユダヤ人にも伝えるために呼び出されたのです。(マタイ28:18-20)

私たちのイスラエルに関する見解も旧約聖書のモーセの律法に関する私たちの考え方に情報を与えます。イスラエル学は初代教会がユダヤ教の慣例をどのように扱ったか、旧約聖書を読んで学ことをどのように主張したかを調べます。

イスラエル学を学ぶ最後の重要な結果は、現代のユダヤ人の人々に対するより深い敬意が生まれることです。世界の各地で起こりつつある反ユダヤ人運動はしばしばイスラエルに非常に否定的な光を投げかけます。しかしながら、正しい、聖書的なイスラエル観では、イスラエルとその未来について神は高等な見方をしておられることがわかります。クリスチャンはイスラエルの人々に愛を示して、彼らのために祈るようにと召命されているのです。(詩篇122:6)

イスラエル学はクリスチャンの間で頻繁に無視されてきた学問です。多分終わりの時の交換神学に関係する先入観のせいでしょう。 しかしながら、すべてのクリスチャンは誰でも、恥じることのない働き人として自分を神にささげるようにするために召命されたのです。(2テモテ2:15)私たちの学びには、アブラハムの人々と神が約束された土地について(創世記12:1-3)聖書が何と教えているかも含まれなければならないのです。

English
日本語のホームページに戻る
イスラエル学とは何?