神は私たちが罪を犯すように試みられるの?



 

質問: 神は私たちが罪を犯すように試みられるの?

答え:
創世記22:1の「試みた」訳されているへブル語は、nacah で、”試験をする、試みる、証明する、試す”という意味です。それには非常に多くの同義語があるので、前後関係を見て他の箇所と比較しなければなりません。この出来事の記事を読み進むと、神はアブラハムがイサクを捧げるのを完了することは意図されていないことがわかります。しかしながら、アブラハムはそれを知らず、神がこのことを要求しておられると知っていたので、神の命令に従う覚悟をしていました。もし、イサクの犠牲を要求しておられるのなら、神はイサクを死からよみがえらせることもできると 知っていました。(へブル11:17-19)へブル書のこの箇所は、「アブラハムは誘惑された。」というよりも、「アブラハムは試された」と訳したほうがいいでしょう。それで、創世記22:1でのへブル語、「試みられた」と訳されている語は何かを試すとか評価することです。

ヤコブ1:13はガイドとなる原則を教えています。誰でも、誘惑に会ったとき、神によって誘惑されたといってはなりません。”~によって”ということばは、何かの源を発する、始めると言うことを示しています。 罪の誘惑は神から始められていません。ヤコブは「神は悪に誘惑されることのない方であり、ご自分で誰かを誘惑なさることもありません。」とこの節を締めくくっています。

もう一つこの議論に重要なことばは、ヤコブ1:2-3にあります。「私の兄弟たち。さまざまな試練に会うときは、それをこの上もない喜びと思いなさい。信仰が試されると忍耐が生じるということをあなたがたは知っているからです。」”試練”と訳されているギリシャ語は”誰かの人生の問題、平安、慰め、喜び、幸せのパターンを崩す何か”という意味を表します。この語の動詞形は、”誰かを試す。何かを試す”という意味です。その人の性質、またはその物の質を発見する目的で、試すという意味です。神はその有効性を現わすために、信仰の強さや質を証明したり、―増し加えたりするために、―試練を持って来られるのです。(ヤコブ1:2-12). それで、ヤコブによると、私たちが試練に直面する時、神の目的は私たちの信仰を証明し、品性を作り出すことです。それは高いよい高貴な動機です。

私たちを失敗させるための誘惑があるでしょうか?はい、その通り。でもそれは神から 来るものではありません。それはサタン(マタイ4:1)とその悪霊たちから、(エペソ6:12)または自分自身のうちから(ローマ13:14;ガラテヤ5:13)来るものです。神は私たちがそれを経験するのを許されます。それは私たちの益となるためです。神はアブラハムにイサクを捧げなさいと命令されました。―この試みはアブラハムに罪を犯させるためではありませんでした。アブラハムの信仰を試して、それが本物であることを証明するためでした。


日本語のホームページに戻る



神は私たちが罪を犯すように試みられるの?